« きんの2月5日 | Main | きんの3月6日・公演後記その2 »

March 05, 2005

きんの3月5日・公演後記・その1

 『天国への階段』、無事に千秋楽を迎えました。
ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。
この公演で得たものは、ホントに大きかった。いろいろあるんだけど、まあ、おいおい話すとして…今回はゲストさんの話をしましょうか。多才なゲストさんたちに、かなり、刺激されましたね。

大和さんからはツッコミを、久ヶ沢さんからはボケに対する刺激をガツンともらいました。
ぶっちゃけちゃうと、久ヶ沢さんの台詞のところで、私は全ステージ、後ろを向いて笑っちゃってました。スンマセン…だって、面白すぎるんだもん!あの人!
私が好きだったのは、裸足でペタペタとTAPを踏もうとするところと、「あたしも~おかわりぃ~」のくだりです。(観てない人には絶対解んないよなぁ~すんません、不親切で)
なんであんな発想できるの?ああ、うらやましい!そんな久ヶ沢ワールドにすっかり魅了されてました。悔しいくらいハマッたなあ~。
大和さんは最初、とっつきにくそうな人だと思っていましたが、実はとても気を遣う優しい人。コワモテの人って、ホント、得よね~。ちょっと優しくすると、もんのすごくいい人に思われるもんね。ちなみにかんちゃんは怪我していたため、大和さんに結構いたわって貰った様。ふと手を貸してくれたり、荷物を持ってくれたり。そんな優しさにちょっとクラッとなったそうです。な~んか手口が垣間見えます…。
私は勝手にダウンタウンの松っちゃんに似てるって思ってるんですが、ソレ系の粗暴さと、相反する繊細さを兼ね備えてる、なんだかカッコいい人、というイメージを持っちゃいました。本性はいかに…?

JUNさんは3度目の共演で、いつもダンスのカッコよさにホレボレ。田上さんの歌で踊るJUNさんのソロダンスを、リハでいつも健二郎と大竹が真似してました。真似したくなるのはインパクトが強い証拠。そんな振付を思いつくのってスゴイな
と、つくづくおもいます。
実は公演の帰りに一緒に飲んだとき、なんだか二人で熱く語りあいました。「役者とは!?」とか「これからどうする?!」とか「もっと勝負しようぜ!」とか…(これ、劇団員とよく話すジャンル)そのうち、別テーブルへ移ったJUN氏の隣を見ると、某劇団員が泣いてる…そっちでも熱く語っちゃった模様…次の日その子に、「ごめんね」と謝ったというからチャーミングよね。でも、こういうのって成長していく上で大切なもんです。核に触れるとこまで話してくれるなんて、もう劇団員の域。さすが、劇団と8年も関わってるだけあります。また、熱い話をしたいぞ!

あら、長くなったので、この続きは、また明日…
 

|

« きんの2月5日 | Main | きんの3月6日・公演後記その2 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43112/3182333

Listed below are links to weblogs that reference きんの3月5日・公演後記・その1:

« きんの2月5日 | Main | きんの3月6日・公演後記その2 »