« きんからのおしらせ | Main | きん、思いがけずデビュー! »

April 01, 2005

きんのサタデーナイトフィーバー!

前回告知した、先週の土曜日の中目黒でのLIVE、無事に終了しました。
フルメンバー5人立てばギリギリな小さなステージ上(と言っても客席とステージが同じ高さ…)が、とても居心地のいい場所になりました。
企画当初は例の英語の先生、いなちゃんにギターを弾いてもらって二人でやる予定が、折角だから、と先生が高校のときに組んだバンド“MORE”ご一同様に出動していただき、きちんとしたバンド編成でやることに。そのメンバーもまたユニークで、ドラムスのモンタさんは化粧品のポーラの人、ベースのゴンさんはあるところの偉い方なんだけど、事情により明かせない…キーボードのジュリアーノ勝又さんは、なんと!あの米米クラブのバンドメンバーだった!今も石井竜也さんと音楽活動してるそうで…そんなバラエティに富んだ職種の坩堝、MORE。おかげでメンバー紹介がやりやすかったこと。
それにしても…今回はかなり緊張しました。「芝居でしこたま舞台に立ってるのに、よーゆうわっ!」って思うでしょうが、コレが違うのよっ奥さんっ!フィールド、別ですから。
と言ってもLIVEは初めてではなく、TSPというバンドでLIVEはやりましたが、たった3回よっ!それになにより緊張したのがMC!やっぱトークでも盛り上げていかないと!TSPでは殆どバンマスの高木さんが担当していたので、全てを進行していくのは今回が初めて。しかもSET気質が染みついてるので、「笑わさねば!」という義務感はたっぷり。歌のRHが終わると、トークネタを考えたり…という日々を経た上での本番…そりゃあ緊張します。
メイクをする手が、思うように動かず、なんかムズムズする感じ。聞こえてくる客席の盛りあがってる様子に安心する反面、逆に自分のときに盛りあがらなかったら…と不安になったり。ちょいと客席を覗けば、観に来ていた末吉が沖縄民謡に合わせて、踊りながら会場をねり歩いてる…みんなの笑い声…いいなあスエ…で、これがまたプレッシャーになり、まるでネタ見せをする若手芸人のようなモード。歌のライブなのに…自分の悲しい?気質でどんどん緊張を高めてしまったのでした。
前のバンドもかなりの盛りあがりで終わり、メンバーはスタンバイに入るため、ステージ上へ。いよいよ楽屋に取り残されると、もう緊張は最高潮。もうそうなると何も考えられなくなり、ただ待つだけ。するとどうでしょう。その楽なこと!ただ待つのが心地いい。で、そのうちにイントロが聞こえて来たので、ふらりとステージに出た。今考えると、まるで悟りの境地を垣間見たかのように穏やか~でした。そして出た途端、会場の雰囲気の余りの心地よさに陶酔して、そのままなんの力みもなく、心ゆくまでフィーバー&ハッスル出来たのでした。
お客さんの空気に助けられ、今まで感じたことのない、「新感覚」を体験できたことがなによりの収穫。人が放つエネルギーとか空気って…すごいなあ~。
またひとつ、貴重な経験をさせてもらった、素敵な一夜でした。

|

« きんからのおしらせ | Main | きん、思いがけずデビュー! »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43112/3518932

Listed below are links to weblogs that reference きんのサタデーナイトフィーバー!:

« きんからのおしらせ | Main | きん、思いがけずデビュー! »