« 久々にバースデイサプライズ!!・・・・・・・・かん。 | Main | 「伊東四朗一座」土曜日初日!! »

July 10, 2005

「伊東四朗一座」稽古中!!・・・・・・かん。

今日、稽古場を出ると雨が降っていた。結構。
で、昇太さんが「車乗って帰るけど、乗ってく?」と言ってくれたので、「やったー。」と言って乗せてもらった。
「腹へったなー、なんか食ってく?」と昇太さん。
「食べるー。」と私。
「何食べたい?」
「ん~そうだなぁ・・・・・・・・・・おいし~いお米。」
「そんな店知ってんのかよ?」
「知らない・・・・・・あ、魚。魚食べたい。」
「いいね~。」
「銀だらの焼いたやつ食べたい。」
「あ~!いいなぁ、それだ!どこだ?」
「え~とねぇ・・・・・・・・・・・」

と、考えてるうちに世田谷通りに入り、”魚だし”と店頭に貼ってある店を発見。タクシーを下りてみた。
さっきより雨が強い・・・・・
店の前へ行ってみると”つけ麺屋”だった。
「なぁんだよ~!!つけ麺かよ~!ダメじゃん。他行こう。」
「じゃあまたタクシー拾う?」
「うん。」
ジャカジャカと雨が降っているのに、傘は一つ。
昼間、お天気だったので、一人は傘を持っていなかった。

こんな時に限ってタクシーはなかなか来ない。
私の左肩と昇太さんの右肩がだいぶ雨で濡れてきた。
一つの傘に二人が入る時、必ず、傘の持ち主は多目に濡れる。
持ってない人の方が必ず雨から守られる。
変なの。
傘を持ってるにもかかわらず、雨にも濡れてしまうなんて、割に合わない。
カワイソウに・・・・・・・・

再びタクシーに乗って次の目的地へ行く間、昇太さんが財布を出して言う。
「ねえ、こまかいの持ってる?」
「う~んと・・・・・・・ちょっとある。」
いい大人が二人で小銭をミミッチク数え始めた。
「電気点けましょうか?」運転手のおじさんがミミッチサに輪を掛ける。
そんなことをしている間に目的の店に着いた。
が、もう終わっていた。
「うわ~!!やってないよ~!!どうする?」
「じゃあ・・・・・・・経堂行くか。運転手さんすいません、このまま経堂へ行って下さい。」
「はい。」

経堂へ走る間、いい大人が二人で小銭を握りながらメーターをジッと見る。

¥900

「お前いくら持ってるんだ?」
「え~と¥600ぐらい。昇太さんは?」
「¥600。」
「まだ大丈夫だね・・・・・」
「あの、経堂の駅前で結構です。」

¥1140

「今度のお店はやってるんだろうねぇ?」
「ん~たぶんな。」
相変わらず雨がよく降っている。
傘を持っている人の方が多目に濡れている。
「あれ~?どこだっけな~、この辺なんだけどなぁ・・・・・・・」そう言って昇太さんは友達に電話を掛けて場所を聞き始めた。
「昇太さん、行ったことないのぉ?」
「あるんだけど、あんまり覚えてないんだよ、」
「なんだよ、それ~!」
「あ、わかったわかった。こっちこっち。」
三軒目にしてやっと店に辿り着いた。あ~やっと、これでご飯が食べれる・・・・・・・・
「いらっしゃい!すいませんね~、今いっぱいなんですよ~。ホントにすいませ~ん!!」
ゲゲェ~~~!!!

「くっそ~、もう頭きた。よお~し、オレの本領を発揮してやる!」
「え?何?何?どこ?どこ?」
「よし、着いて来い!」

「いらっしゃ~い!」
カウンターに座る。
「何飲みます?」
「ボクはビール。」
「私はアガリで。」
「はい、ビールとお茶、持ってきて~。」
その後は何も注文してないのに、大トロやシマアジのお刺身、はも、ホタテ、穴子、赤貝、イカ、カニミソ・・・・・・・・・
「外、どしゃぶりですよ。」板さんが教えてくれた。
開いた入り口を見ると、とんでもないどしゃぶりブリだ。
「うわ~、また帰りもタクシーだ、コリャ。」

満腹で家に帰ると12時だった。
早速、お風呂を沸かす。
・・・・・・・・・・と、つかない。
お風呂のガスがつかない。もちろんお湯も出ない。
「うわ~、マジ!?お風呂入れないの?うわ~マジ?うわ~、今日も汗かいて、汚いのになぁ~、このまま寝るのヤダよな~!・・・・・・・・・・・・・・よし、行こう。行ってみよう。」
私は着替えとタオルとメイク落としを袋に入れて部屋を出た。

ピンポ~ン!!
「は~い・・・・」
「あ、優子です~こんな遅くにゴメンナサイ。今お風呂入ろうと思ったら、お風呂焚けなかったのよ~お風呂入れてもらっていい?」
「あら~、いいよ、いいよ、入り。」
家に上がると犬がペロペロと私の足を舐めた。
「今日、昼間に、お風呂場を物凄く掃除したのよね、それがまずかったのかなぁ?」
「そんなことぐらいで、ダメになるかね?ま、明日は日曜だけど、一応ガス屋さんに連絡してみるわ。じゃあゆっくり入りなさい。」
「は~い。」

湯船に入ると、いつも自分の家で入るより何十倍もじんわり感が漂った。
「あ~やっぱ気持ちいいな~。最高だなぁ。」
入れないで、そのまま寝る自分を想像して恐ろしくなった。
「ここのお風呂に入ったのは、私の家がピッキングに入られた時以来だなぁ・・・・・・・・・・」
「優子ちゃん、シャワーの使い方とか平気?」
「うん、平気~。」
ほんとはもっと長湯していたかったけど、迷惑になるから早めに上がった。
「明日もダメだったら入りに来なさいよ。私は何時でも起きとるから。」
「ありがとう。」
「あ、そこのバナナ、好きなだけ持って行き。」
「わーい。ごちそうさま~。」
「じゃあ、おやすみね。」
「すいませんでした、遅くに・・・・・」
私が傘を持つと、大家さんが言った。
「あら~、何でそんなちっちゃい折りたたみの傘なの~?」
「さっきまでコレさしてたからさ・・・・・・」

ドアを開けるとすっかり雨が止んで静かになってた。
何事もなかったような夜になってた。

|

« 久々にバースデイサプライズ!!・・・・・・・・かん。 | Main | 「伊東四朗一座」土曜日初日!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43112/4900286

Listed below are links to weblogs that reference 「伊東四朗一座」稽古中!!・・・・・・かん。:

« 久々にバースデイサプライズ!!・・・・・・・・かん。 | Main | 「伊東四朗一座」土曜日初日!! »