« 「タイツ博」終了~!! | Main | 「ニライカナイ錬金王伝説」稽古中~!・・・・・かん。 »

September 14, 2005

秋の味覚を堪能。・・・・・・・かん。

「日本一、でえけえさんま!」

豪徳寺商店街にある、お魚屋さんの店頭に、こんな宣伝文句の紙が、最近ヒラヒラしている。
気になる・・・・・・・・・・・・気になっていた。

先週は二日連ちゃんで、さんまを家で焼いて食べた。
でも、スーパーで買ったさんまだ。
でも、すごく美味しかった!
「やっぱ、さんまだよな~!」と、うなりながらぺロリと食べちまった。
うまいさんまの塩焼きと、つやつやの白米と、ヌカ漬けが、近頃じゃ私のご馳走だ。

旨いものには、こだわりたいタイプ。
飽きるまで食べたいタイプ。
だったら毎日でもいいタイプ。だ。
だから、今日は「日本一、でえけえさんま!」を買うことにした。

日も暮れてきた頃、自転車を走らせて豪徳寺商店街へ出発。
今日は風が強く、今週末に神社で行われるお祭のちょうちんがボンボンと揺れていた。
夕方の商店街を走る時はのろのろ運転に限る。
花屋の前では、おばさんが立ち話。
肉屋の前で焼いてる焼き鳥が甘じょっぱい煙を出して、お客を並ばせている。
「すいませ~ん、ドライアイスってあります?」
葬儀屋のガラス戸をちょいと開けて、中の人に聞いていた女の人がいた。
それを見ていた年寄りが、「葬儀屋だからって、ドライアイスがあると思ってやんだ。あるわけねえだろうになぁ。」としゃべりながら歩いて行った。

魚屋に着いた。
店の前に自転車を止めて、もう一度、店頭のヒラヒラを確認する。
「日本一、でえけえさんま!」
あった、あった。よかった・・・・・・・
お店のおばちゃんは、お客さんと立ち話。
魚の入ったガラスのケースを見渡す。
「あ~、懐かしいなぁ~この感じ。」
魚屋で魚を買うのは何十年ぶりだろう?
子供の時は、オカンにおつかいを頼まれて毎日のように行ってたのに。
なんだか、照れくさいような・・・・・恥ずかしいような・・・・・・よそよそしいような・・・・・・・・人になってしまった。

「さんまありますかぁ~?」
「え~とね・・・・・・あ、あるある。普通の大きさと、大きいのとあるけど。どっちがいい?」
「やっぱ、こっちでしょ。」
でえけえ方を指差した。
「そうよ、こっちのがいいよ!アブラものってるし、でっかいしね~。最後の一本だよ!」
おばちゃんが、でえけえさんまを、あの独特のロウが塗られたような紙で包み、その後、白い紙で包み、青いビニールに入れ、白い手提げのビニールに入れてくれた。
その無駄のない、華麗な手付きをジッと見る。
そうだった。子供の時も、必ず、魚屋のおばちゃんが魚をクルクルっと紙に包むところを見るのが好きだった。
そして、ロウの紙と、白い紙と、青い袋には皆、意味があるんだろうなぁ~。と子供心にも思った。
もう、いい歳の大人なのに、魚の入った袋をもらってウキウキした。

「あのさ、今日松茸を買ったから、松茸ご飯にしようと思うんだけど、どうやって作るの?」
でえけえさんまの前に松茸が安かったので、買っておいた。
もう、今日は”秋の味覚大会”を開催するつもりで、実はハリキッテいたのだ。
オカンに、焚き方を教えてもらって早速開始!

ウチは今年から、土鍋でご飯を炊いている。
年末に貰って以来ずっとコレで、もう炊飯器は使っていない・・・・・・
早いし、美味しいし、フタを開けた時の感動が全然違う。
本当にいい物を貰ったと、感謝している。
コレこそが私の嫁入り道具であろうと、こびりついたお米を洗いながらよく思う・・・・・・・

魚沼産こしひかり、水、酒、醤油、松茸を入れて強火!
沸騰してフタの穴から出た湯気が松茸のい~いにおいになってる!!
ひゃ~!もう、最高だわい!
弱火にして、あと3,4分という頃に、いよいよさんまの登場。
塩をふり、グリルの中へ!
あっという間に皮が膨らんでブチブチ言い始めている。
グリルの窓からジーッと眺める。
土鍋を火から下ろし、蒸らす。
窓からさんまをジーッと見る。
蒸らし完了。いよいよフタを開ける・・・・・・・・・・・・

_001
でけた。
そして、でえけえさんまも焼けた。今日のヌカ漬けはゴーヤにした。
よぉ~し、いっただっきま~す!!

_008
あっという間にぺろり・・・・・・・・・

写真を撮って気が付いた。
松茸ご飯の器と、でえけえさんまの皿は旅先で自分が作った作品だった。
コレもまた幸せ・・・・・・・・・・・・
あ~、秋って素晴らしい~!!

|

« 「タイツ博」終了~!! | Main | 「ニライカナイ錬金王伝説」稽古中~!・・・・・かん。 »

Comments

”秋をつかみどり!”っていい言葉ね~。
今度使わせてもらいます。
で、鶴の湯を知ってるってことは・・・・・・気の抜けた顔して歩いてる私と、商店街ですれ違ってたりするのかしら・・・・・・・
アナタは・・・・お得ね!

ゴーヤのごま和えね、やってみよっと。

日常を満喫ね・・・・・・
ま、この日はたまたまよ。たまたま。
たまには、こんな日もないとね。
一人で何かを楽しむことと、でもそれを誰かと分け合って楽しみたいと思う狭間で揺れている私です・・・・・・・・・うほほほほ。

Posted by: かん。 | September 16, 2005 at 04:39 PM

秋刀魚に土鍋で松茸ご飯・・・秋をつかみどり!ですな。
素敵な時間をすごすには物理的な努力が必要、と何かの本で誰かがいってましたが、
丸山さんってそういう意味では努力の人、ですよね~、見習わなくちゃ。
豪徳寺商店街が目に浮かぶようで・・・はぁ~、ビバ鶴の湯!!

Posted by: 笛ボーン! | September 16, 2005 at 12:21 AM

松茸うまそ~~~!
喰いてぇー!

ゴーヤはごま和えも美味しいですよー。

Posted by: なっちゃん | September 15, 2005 at 07:34 PM

なかなかいい”日常”だねえ。
つくづくあなたの生活の満喫度をうらやましく思うよ。
私も”一人の時間を満喫できる女”になりたいわ・・・けっこう大事よね。

Posted by: おうまさんの嫁 | September 15, 2005 at 12:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43112/5948334

Listed below are links to weblogs that reference 秋の味覚を堪能。・・・・・・・かん。:

« 「タイツ博」終了~!! | Main | 「ニライカナイ錬金王伝説」稽古中~!・・・・・かん。 »