« September 2005 | Main | November 2005 »

October 24, 2005

「ニライカナイ錬金王伝説」開幕中!・・・・・かん。

開幕しました。
2ステージが終わりました。
色んな変更がありましたね~。
もう、初日と二日目で結構違う!!
さすがに、ストーリーは変わらないけど、セリフが増えたり減ったりしてさ~。
この変更をこなしてこそ、プロですよ。
SETですよ。
そして、本番で間違えたとしても、皆でフォローするのがSETですよ。
昨日も、ヨッテタカッテ、フォローしてた。
っつーか、そういうのが結構皆好きみたい。

河本千明が曲の題名を間違えたら、すかさず皆で口々にいい始めた。
そんなに題名を連呼しなくてもいいのに、っつーぐらい皆、言ってた。
もはや、言いすぎて聞きとりずらいくらいだった。
もう、可笑しくてたまらない・・・・・・・・・

座長がセリフをすっかり忘れた。
「え~、私は今、何を言おうとしていたのか、忘れてしまいました。思い出すので、ちょっと待ってて下さい。」
堂々と言うではないか。
「ということは、間をつなげってこと?」
と思い、そこにいた出演者全員が今から何をしてつなごうかと、頭をフル回転させたに違いない・・・・・
しかし、すぐに座長も「思い出しました。」と言い、前代未聞の面白シーンは実現しなかった。
残念・・・・・・・・

初日も、面白かった。
今回、座長はある物に乗って登場するのだが、そろそろ出番だという時に、まだそこに乗ってない!
私達は舞台上から乗ってないのが見えて、「あれ!?もう出番なのに、乗ってないじゃん!!」とドキドキした。
すると楽屋から小走りして乗り込んでそのまま登場した。
おかげで私達のリアクションはメチャメチャリアルだった。

生モノの舞台には相変わらず、色んなことがあります。
だから面白い。だからいいんです!!
ホントは、無事に終わることを願っているんだけどね・・・・・・・・

さて、今回はビッグニュース!!があります。
舞台で歌われているBEGINの作った曲をCDにして劇場で発売しています!!
唄っているのは・・・・・・・・・・

比嘉きん・比嘉かん

さんです。こりゃ一体誰なんでしょう。
BEGINのヴォーカル”比嘉栄昇”さんの妹なのか?はたまたおばあちゃんなのか?
聴いて下さい、買って下さい。
ホントにホントに、素晴らしい曲ですから!!
外では発売していないので、劇場でしか買えないプレミアものですよ!!
そして是非とも布教活動していただいて、比嘉さん達に一儲けしていただきましょう。
よろしくお願いしま~す!!

「ニライカナイ錬金王伝説」 11月6日まで東京芸術劇場で公演しております!!
心温まる、ウチナンチュウコメディー!
観ないと絶対損をしますよ!!
お持ちしておりま~す!!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

October 19, 2005

「ニライカナイ錬金王伝説」いよいよ劇場入り!・・・・・かん。

日サロ通いも終了し、私は手足がなかなかいい色になった。
ご満悦な感じで衣裳合わせにのぞんだら、私の衣裳が、長袖にロングスカートでやんの。

焼いたとこ出ねーじゃん!!

と、ビックラこいた。
が、あれやこれやと衣裳を変えている内に私は半袖のワンピースになり、かろうじて腕は露出できるようになった。
ちょっと報われてよかった・・・・・・・・
その横で南波さんと、久下さんは「あ~日焼けした足がメチャメチャ痒い~。」とボリボリかきながら、決まった衣裳はロングスカート、長ズボン。
報われなかった・・・・・・・
野崎君は顔ばっかり日焼けして面白いことになってるし、その横で宮内君は不精ヒゲを生やして、なんだか汚らしい。

「大ちゃんは今回ヒゲ生やすんだ。」
「はい。ボク、今回はヒゲがないと、役になりきれないんです・・・・・・」と言う。
島民役は皆、中年の設定なのだ。
「でも、明日仕事があるので一回剃らなきゃいけないんです。だから明日の通し稽古は芝居が若くなっちゃいますねぇ、きっと・・・・・・」
面白い役者さんだ。

さて、昨日から劇場入りして舞台の仕込みやら衣裳の縫い物をしている。毎度お馴染みの作業でございます。
今年は2月の「天国への階段」でもこの劇場だったけど、私は骨折くんだったから、仕込みは参加していなかった。
もう既に懐かしい・・・・・・・・・
「治ってしまえば、忘れるもんだなぁ~。痛かったことも、不自由だったことも、迷惑かけたことも・・・・・」としみじみ思った。

楽屋では女子が作業をしながらペチャクチャペチャクチャペチャクチャペチャクチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
久下はペチャクチャでは足らず、「丸山さん、今度パワーヨガよりもっと凄いのやりましょう!」とか言って、急に三点倒立をし始め、その後ブリッジしようとして顔をズべーっと擦りむいていた。
バカだ・・・・・・
しかも笑ってた・・・・・・・・・

廊下で西海君とすれ違う。
私は西海君の坊主頭を触るのが好きなので、毎日の日課にしている。
「あ、今日はまだ触ってなかった、」とか言ってずーっと触る。
「昨日、バリカンで短くしました。ココが3ミリでココが1ミリでここが5ミリで・・・・・」と説明してくれた。
でもアタシにとっちゃ、そんなことはどうでもいい。
肝心なのは肌触りだ。
どんだけ気持ちいいかだ。
「ん~、まあまあだね。」
西海君はニヤニヤしながら「せっかく切ったのに・・・・・・・」と言わんばかりの顔で、
小さい目をパチパチとさせていた。

舞台のセットはどんなもんか?と見に行くと、皆しゃがんで作業してるのに、宮内君だけポツンと立って腰に手をあてている。
宮内君らしくて、笑える。

衣裳部屋では演出助手の大関君と、衣裳チーフの小形さんがせわしなく電話をしたり、打ち合わせをしたりバタバタしている。
大関君は頼もしい。
舞台セットを作りつつ、衣裳のことまで助けてくれる。
とても真面目で頼まれたらイヤと言わない人である。
面倒見もよくて、いつでも一生懸命だ。
三線(さんしん)を教えに来て下さってる先生も言っていた。
「大関さんは、モテルでしょ?」
「え?なんでそう思うんですか~?」
「だって、僕に連絡くれる時の電話の受け答えとか、稽古場の隅で腹筋やってる姿とか見るとそんな感じするもん。あと、カッコイイし。」
大関君、人気株上昇中である。

・・・・・・・てなことで、初日の22日(土)まで仕込みは続く。
さて、これから劇場に行ってきます!
皆さん、今回の本公演はホントにいいですよ!何度でも言うよ。
是非是非来て下さいね!

そして、「楽市楽座」に来て下さった皆さん、コメント、感想を書いて下さった皆さん、ありがとう!!
今回の”沖縄特集”はいつもよりお客さんも多く、温かい拍手が多かったように感じています。
やはり、沖縄の歌の温かさは皆さんにもすぐに伝わるんだなぁ~と実感しました。
唄ってても、気持ちよかったしね~。
雨の中を、本当にありがとうございました。
心から感謝しています。

では次は劇場で逢いましょう~!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 14, 2005

「ニライカナイ錬金王伝説」スゲー稽古中~!・・・・・かん。

お久しぶりっこ。
さすがに、眠い!
稽古場でも、相手が真剣に話してるのに、思いっきり「はぁ~あ~。」って大あくびしてる失礼な私。

今はね、錦糸町のスタジオで稽古してるのよ。
まず、11:30から”ヨガ教室”をやり、汗をどっさりかいてさっぱりする。
12:00からダンスや歌、アクションのリハーサルで、また汗をかく。
その後、芝居の稽古で22:00まで。
家へ帰ると、23:00過ぎ。
お風呂へ入ると、湯船の中で寝てしまい危なっかしい。
昨日は、小倉さんに借りた吉田拓郎のライブDVDを見てたんだけど、ほとんど、寝てた。
スゴイんだけどね、吉田拓郎さん。
でも、アタシの眠気はもっと凄かったみたいで、さすがの拓郎さんも勝てなかったようだ。
朝は8:30とかに起き、簡単なお弁当を作って、朝食を食べ、出発。
あ~忙しい毎日、最高!!

でね、私、今回、沖縄の島民の役でさ、沖縄と言えば、日焼けじゃない?
明らかに、今の私よりは絶対に肌が黒いはずなのよ。
で、同じ島民仲間で、今日は初体験してきたの・・・・・・・・

日焼けサロン。

デビューしちゃったわよ。
とりあえず、全身を焼いたんだけど、顔は焼きたくなかったからバスタオルがっちり巻いて、やったわよ。
結構、一回目からいい感じで焼けちゃったわ。
あと、2回ぐらい行くと結構いい感じで島民になれると思うんだけどさ、顔は焼いてないから、首から下は真っ黒で顔だけ白くなるのよ。おかしいことになるわよ~。
どうしよう。
ま、本番は色の濃いファンデーションを塗ればいいんだけど、おかしいのは、プライベートよ。
マイケルが顔だけ白くなっちゃったみたいな感じよ、アタシ。
あ~、ヤバイヤバイ。

おとといは岩永さんの誕生日でね。でもすっかりそんなこと忘れてたんだけど、今回出演する子役の男の子が
「今日は岩永さんの誕生日だよ。」と言うではないか。
「え?なんで、そんなこと知ってんの?」と聞くと
「昨日、一緒に帰った時、電車の中で言ってた。」だと。
・・・・・・・・・ケッ!

「ったく・・・・・・・・・しょーがねーなー。じゃあ、なんかやってやるか・・・・・・・・・・」
しかし、今からケーキを買いに行く時間もない。
何の、準備もない。
んん・・・・・・・・・・と考えた目線の先に見えたのは自動販売機
「じゃあこうしよう。皆、一人一本ずつ、ジュースを買ってプレゼントしよう。全部でざっと30本以上は集まるでしょ。ちょっと嬉しくてかなり迷惑なプレゼントで、いいんじゃない?」
皆に、この情報をじわじわと流すと、こぞって、自動販売機に集まってきて、面白い光景になった。
でも、岩永さんはどうやら気付いていないようだ。シメシメ・・・・・・・・

さて、稽古終了直前、三味(さんしん)を弾くシーンをやり、そこで、”ハッピーバースデー”を唄った。
「岩永さん、おめでとう!!じゃあ皆、プレゼントを渡して下さい!」そう言うと、皆、岩永さんの所にジュースを持って走ってきた!!
ドヤドヤドヤドヤやって来て、ジュースをどんどん渡されて困っている岩永さんは最高だった。
「いや~、なんか、三味(さんしん)のシーンをやるって聞いた時、なんとなく、俺の誕生日のことかな~って思っちゃいました。」と岩永さん。
「なんだよ、腹黒いなぁ~!!」と皆からブーイングの嵐になったので
「じゃあ、皆さん、プレゼントを没収して下さい!」と言うと、またドヤドヤと集まってあっという間にジュースは回収されてしまった。
ポツンと一文無しになった岩永さんは苦笑いで稽古場の真ん中に立っていた。
「やっぱ、可愛そうだから、プレゼント上げてください!」そう言うと、またドヤドヤと皆走って渡しに来た。
あ~、劇団はこういう時、ホントにうまいこと、一致団結する。
意思の疎通が早い。
スバラシイ・・・・・・・・・・・・・・・

さあ~、そんなSETの今回の公演はとても温かい話ですよ。
い~い話です。
BEGINの曲も本当にいい!!
難しいテーマもありません!!
沖縄色100%!
ラストシーンはかなりいいですよ~!
今回は、観に来ないと損をする!

あ、その前に今週の日曜日、世田谷線世田谷駅の「楽市楽座」に来ないとね!
きんかんが唄いまくるゾ~!!
12:00集合!!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 06, 2005

きんの映画評Vol.11→『ALWAYS 三丁目の夕日』

きんの映画評Vol.11→『ALWAYS 三丁目の夕日』

久々に、お勧めしたいわっ!と強く思った1本をご紹介しましょう。
だから敢えて、みなさんに読んでもらえるよう、いつもとは違う形で、全文を載せたいと思います。

この作品、原作は漫画です。『NANA』の大ヒットも記憶に新しいですが、最近ホント、多いですねえ・・・このパターン。
で、びっくりしたのは、なんと!ビックコミックオリジナルで30年以上も連載されてた!そんなに古くからの作品とは・・・ずーっと読者に愛され続けてるのですねぇ。

さて、ストーリーですが、時代は昭和33年という、高度経済成長期。そんな過渡期の東京下町、夕日町三丁目で暮らす人々の周りに起こる、様々な大きい事件や小さい出来事をちりばめています。
東北から集団就職で上京してきた女の子、六子が、自動車修理工場の鈴木オートに就職するところから物語は始まり、住み込みのため、1つ屋根の下で暮らす彼女を、まるで家族のように支える鈴木家との絆や、彼女自身も成長していくそのほほえましい姿に、何度も心温められ、ポッカポカになっちゃいます。
その魅力ある鈴木家がこれまた魅力的なキャスト。
短期で口は悪いけど心根は優しい父・則文に堤真一。優しいけど、しつけはきちんとしている母・トモエに薬師丸ひろ子。この二人のコンビがかなりイイです。
そして、その向かいに住む、駄菓子屋兼作家の茶川竜之介(吉岡秀隆)の家にも、人生変えちゃうほどの出来事が起こり、鈴木家の物語と同時進行で事が進んでいき、飽きることなく楽しめます。

そして見逃せないのが、視覚で誘うノスタルジー!
今当たり前に建ってる東京タワーが、冒頭では3分の1位しか出来てない!これは見た目にものすごく新鮮だった!この中途半端な東京タワーの姿が、なんだか胸を打つんです。以前見た、NHKの『プロジェクトX』の「東京タワーを作った男達」の回を思い出したりすると、更に感慨深くなってしまいます。
そして都電が走る東京を、CGを使って見事に再現。『リターナー』などを手がけた山崎貴監督の得意分野ですから、ホントに凄い!でもそれだけに頼らず、セットや衣裳、小道具を、極力当時のものでそろえ、特に、当時三種の神器と呼ばれた電化製品=冷蔵庫、TV、洗濯機は当時のものをそろえたというから驚きです。

しかし、やはりこの映画の素晴らしいところは、日本の心を描いてること。
今の日本が忘れている、思いやりとか、心ある行動とか、モノを大切にすることとか・・・今一度取り戻せたら、と思うところが本当に本当に、たくさんあります。私自身、思い直さなきゃと思ったこと、恥ずかしながらいっぱいありました。
私が小さい頃には、もうなくなりかけていたかなあ。いや、ギリギリ残ってたかも・・・。そう考えると、今の子供達が可哀想にすら思えます。
もうこういう世の中にはならないんだろうなあ・・・と悲しくなったけど、いや違う!この映画を沢山の人が見て、心を動かされ、皆がそれを行動にできたら、少しは変わるかも。そんな希望が持てるほど、素敵な映画です。

だから!とにかく沢山の人に見て欲しくて、今私は、いろんな人に「これ絶対観て!」とふれまわってます。
これを読んだあなた!気になったら是非!観てください!
特に、「最近の日本はさぁ・・・」と言っちゃう人にはお勧めです。

よし、大きく出るか・・・これは日本を良くするための映画ですっ!観てーっ!

| | Comments (0) | TrackBack (3)

October 05, 2005

最近の私その2・・・・・・かん。

外壁の塗装も終わり、まとわりつく人もいなくなったなぁ~。
と思ったら、一階の駐車場がまだ工事中だった・・・・・・・・
でも、今いる方々は、あんまり気にならないわ。
なんなんだろ?私の中のバロメーターって・・・・・・・・・

さて、まずは質問の答えから行くわよ~。
今年もやります!

世田谷駅前「楽市楽座」
”ザ・きんかんショー”
10月16日(日) 12:00~12:30(たぶん・・・)
世田谷駅付近の特設ステージにて。

今回は、本公演の宣伝も兼ねて、”沖縄特集”でいきますよ!
沖縄に、ちなんだ歌ばっかり唄います。
いつものように、人の歌を我が物のようにヒャラヒャラと唄うんだけど、
今回は本公演よりも早く、本公演の曲を唄っちゃうのだー!!
もちろんBEGIN様の作った曲じゃ。
わーいわーい!すげーすげー!!
いい曲なんだ、コレが。マジで。
稽古中に、自分で唄ってて泣けてくるんだよ、コレが。
16日は泣かねーようにしねーとな。

でね、なんで本公演よりもイチ早く、ココで唄うかってーと、実はビックニュースがあるのよ!
しかし、今は言えない・・・・・・・・
16日に重大発表をするので、興味がある人は現場に来て下さい。

「楽市楽座」は”ザ・きんかんショー”はもちろん、屋台とか、フリマとか賑やかで楽しいので、お天気が良かったら散歩がてら来てみるといいよ!

さて、毎日、本公演の稽古に励んでいるわけだが、最近ハマッテいることがあるのよね。
それは・・・・・・・”パワーヨガ”
先生は後輩の久下恵美。

ある日、稽古場で準備体操をしている時、久下が「英雄のポーズ!」とか言って
おかしなことをしている。
「何、それ?」
「これはヨガです。」
「あ~、ヨガね。え?アンタやってんの?」
「はい、部屋でCDを聴きながら。」
「あ~、喜多郎みたいな、ビヨ~ンって感じのアルファー波が出そうな?」
「え?ゲゲゲの鬼太郎って、アルファー波が出るんですか?」
「出ねーよ。ねぇねぇ、そのポーズ、アタシにも教えてよ。」
「いいですよ。」

”英雄のポーズ”

「イテテテテテッ!イッテー!!」
「でしょ?」
「やろう、明日からコレやろう。先生、お願いします。」
こうして10月1日から”久下ヨガ教室”は開校したのだ。
メンバーは私の他に、南波・小島・西海。
30分やっただけで、「おいおい、ココはサウナかよ!?」
っつーくらい物凄い汗!
そして次の日は物凄い筋肉痛!!
今のところ、毎日違う所が筋肉痛になっている。

稽古が終わって、人が減ってきた頃から”ヨガ教室”は始まる。
何がなんでも毎日やろうと決めた。
この本公演が終わるまで・・・・・・・・

「ねえねえ、ナンデやってんの?」と、きんちゃんに今日聞かれた。
「え?美容と健康とシェイプアップだよ。」
「え?シェイプアップ?シェイプアップ?・・・・・・・先生誰だっけ?」
「え?久下。」
「え?いいの?先生、こんななのに、ホントに効くの?ヤバイんじゃないの?」

ちょっと、気持ちが揺らいだ・・・・・・が、気にしないことにして、頑張ってみようと思う。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »