« November 2005 | Main | January 2006 »

December 29, 2005

in沖縄!!・・・・・・・かん。

公演が終わってしまえばこっちのもんさ。
へへ、延泊して遊んでやったゼー!!
よっしゃ、こんな感じや。

016
見ろ~海さ~。

014
メンバーごきげん。

017
あ~あ。

018
髪の毛ピョ~ン。

022
ザ・ブセナテラスのプール。ここに泊まった。
わけじゃない。

029
万座毛(まんざもう)の野添さん。
まんざもうのもうはなんのもう?

025
万座毛のきんかん。
だから、まんざもうのもうはなんのもう?

034
目線の先に、公演のチラシの島があるのだ~!!
あ~ここは、よかったなぁ~!!最高だったわ。
今度はゆっくりお茶を飲みたいなぁ・・・・・・・・・

036
なんて、穏やかな写真・・・・・・・
おっと、左の人はもしかして、噂の津波信一、シンちゃん。

039
きんかんより年下のシンちゃん。

040
沖縄では、こういう顔するとモテルんだって。
結婚できるんだって。
せっせとやんなきゃ・・・・・

007
打ち上げで、やっと勢ぞろいのBEGINさんにご対面。
「”三線の花”は、もうお二人の歌ですからね。」
そう言って栄昇さんは最後に唄ってくれた。
「もう、歌詞を忘れてしまったなぁ~唄えるかなぁ・・・」
鼻歌の延長線みたいな歌声で唄い始めた栄昇さんの顔は
菩薩様のような、マリア様のような・・・・・・全てを包み込んでくれるような優しい顔をしていた。
そしてこの歌を産んでくれた歌声はお母さんのように強く優しかった・・・・・・・・・・・
002

今年も色々と舞台を観に来ていただきまして、日記を読んでいただきまして、
ありがとうございました!!
本当に本当に、感謝しております。
今年は2月に骨折したり、6月に軽~く交通事故にあったり、財布を拾ったり、告られたり、新しい出会いがあったり、落ち込んだり、ごきげんになったり、日サロデビューしたり、子供を何十回も抱きしめたり、ヨガを始めたりと、色々ありました。
最近かなりの割合で「36才には見えないね~!!」と唸られるようになり、調子に乗ってブリッコポーズをすると、ドン引きされるようになりました。
私が年相応に見えないのは、年相応の人生を送ってないからだと思います。
結構、未熟なバカ。
それが私です。
つい先日も自分に落ち込んだりしてました。
でも、それでドツボにハマルのもバカらしいから、私なりに素敵な答えを見つけようと、自転車漕ぎながら考えてます。
まずは、元気が一番だ。
元気に新しい年を迎えよう!!

それでは、来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎え下さい・・・・・・・・・・・・・・・・

                      かん=丸山優子。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 27, 2005

本公演終了!!in沖縄・・・・・・・かん。

行って来た。
沖縄。
あ~、よかった。
ホントによかった・・・・・・
やってよかった。
沖縄で。
この舞台は沖縄でやるために生まれてきたお芝居だなと、
つくづく思った。
笑い所がね・・・・・・・本物なのよ。
テストの答え合わせやってるみたいだった。
東京ではなかなか理解していただけなかった沖縄弁のセリフでウケてたね。
頑張ったかいがあったなぁ~と思った。

そして今回は田上さんのやっていた村長役を、沖縄の役者さん”津波信一さん”がやることになった。
シンちゃんは沖縄では超有名人の役者さん。
沖縄の映画や、ラジオに出てウチナンチュウの心をワシヅカミにしている人物なのじゃ。
で、このシンちゃんがまた、本番で凄かった~。
さっぱりわけのわからない沖縄弁をベラベラベラベラと、まくしたててしゃべるんだわ。
で、全然何を言ってんのかわからない座長は「・・・・・・え?何?」とスットンキョな顔して聞くのよ。
そいで大爆笑。
シンちゃんがしゃべった所は全部大爆笑だったなぁ~。
やっぱウチナンチュウの心をワシヅカミにして持ってったわ。

でね、BEGINのヴォーカルの栄昇さんと仲良しで、打ち上げで二人が話してる会話がオカシイ。
栄昇さん「ウチで昔、ヤギを飼っててね、可愛いんだ。でもね、もっと可愛いのがヤギのうんこ。あれは可愛いよ~。」
シンちゃん「それはさ、どっちがホントに可愛いの?うんこ?ヤギ?」
栄「う~ん・・・・・うんこ。」
シン「うんこ?・・・・・・・・・・じゃあ、うんこが可愛いからヤギ飼ってたの?」
栄「うん。」
シン「はぁ~。(感心)」
文章にすると、大したことないでしょ。
沖縄弁で聞かないと、面白さ半減なのよ。
この会話の光景を思い出すと、今でも私はニヤニヤしてしまう。
こういう会話を一生、横で聞いていたいと思う・・・・・・・・・・・・・・

さて、芝居のラストシーン”三線の花”で皆がエイサーで踊っていると、観に来ていたおばあちゃんが客席で手拍子しながら笑っていた。
これが嬉しくてね~!!
泣けた。
喜んでいる笑顔に泣けたわ。
夜公演の最終回のカーテンコールは座長も小倉さんも皆泣いてたなぁ。
最後に沖縄でできたことを心から感謝した瞬間だったのかもね。

沖縄へ観に来て下さった皆様、本当にありがとうございました!!
東京でお見掛けした方もちらほらといらしていたような気がします。
本当にありがとう。

そして、沖縄が大好きで東京から沖縄に引っ越してきちゃった、京子ちゃん!
大量の差し入れをありがとう!!
そして2回も観てくれてありがとう!
とても嬉しかったわ。
今日、稽古場で皆で食べました。
もう一度沖縄を思い出しながら・・・・・・・

またいつの日か公演できることを願いつつ・・・・・・

誰か、スポンサーになって下さる人いませんか~?


         ~つづく~                            

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 15, 2005

12月17日土曜日ですよ!!・・・・・かん。

わーいわーい!!
12月17日ですよ、17日。
土曜日ね。
何してますか?

じゃあ、来年2006年2月16日~19日は何してますか?
空いてるでしょ?きっと。
まだ予定ないでしょ?きっと。
そしたら、ココに電話してみな~い?
「kouenbi.gif」をダウンロード

私の予定はこんな感じなのよ↑。

え~とね、元SETの山田幸伸さんと、
元キャラメルボックスの近江谷太朗さんと、
今SETの河本千明ちゃんと、
今キャラメルボックスの前田綾さんと、
芝居やろうかと思って。

2006年2月16日~19日
新宿シアターサンモール
「ナイボー!」

コメディーですわい!
明らかに。
このメンバーは。
面白いはずですわい!
作家は妹尾匡夫さんですわい。
山田さんの一人芝居を手がけたり、
最近では、東京三姉妹とか、あの、伊藤四朗一座とか、
書いた人ですわい!

さぁ~、詳しく詳しく知りたい方は

わいわい組
http://www.illumica.jp/yy-gumi/のホームページを見るべしべし!!
ていうか、見てください!!
お願い!!
そして、是非とも見に来て下さい!
お願い!!
まだ・・・・・・・・手元に・・・・・台本もないんだけど・・・・・・・・・
絶対面白くするから!!
どーぞよろしくお願いいたします!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 13, 2005

大阪公演終了!その2・・・・・・かん。

で、9日、大阪公演初日。

いつものように、開演5分前は幕の内側で子供とたわむれる。
野添さんと、河本がアクションの練習をしている。
大関君がおまじないをしに来る。
坂田君が子供としゃべりたそうにやってくる。
南波さんと、良田さんと、数馬と赤堀さんがやってきて通りすぎ、最後に小倉さんがきて、子供とたわむれる。

そして舞台監督さんがやってきて、「1分後に開演します。」と言う。
「1分後に暗くなるからね。」私は子供に言う。
子供はまだ走りまわっている。
「ホラ、そろそろ暗くなるよ!」
私も、お母ちゃんになる時間だ。

そして幕内は暗くなり・・・・・
幕が開き・・・・・
目が痛くなるほど舞台が一気に明るくなる。
ここにいる全ての人が舞台奥にいる小さな二人をみつめる張り詰めたとてもいい瞬間がやってくる。
私はこの瞬間がいつも好き。
ワクワクする。

小倉さんが登場して、笑いと拍手が起こった。
東京も大阪も変わらない反応だ。
歩いて登場しただけで、笑いがとれる・・・・・・・・・並大抵なことじゃない。
小倉さんは並大抵な人じゃない。
スゴイなぁ。
さすが師匠。

そして話はずんずん進み、メアリー(きんちゃん)が温泉のおかげで元気になり、唄うシーンで事件は起きた!
どう考えても、まだ曲が入るところじゃない時に、イントロがうっすら聞こえてきたのだ。
「アレ?曲の入りきっかけ、変えたのかなぁ?」
私はセリフを言いながらも、そんなことを考えていた。
いつもなら、メアリーが唄っていなきゃいけないメロディーなのに、まだ座長もセリフを言っている。
「あれ~?これは変えたってこと?それとも間違いなのぉ?」
と思いながら芝居をする皆。
そして、ちょうど曲のサビにさしかかったところでメアリーとコーラスの4人が唄い始めた。
「な~んだ、やっぱり変わったんじゃん。短くしたのね。だったら教えといてくれればいいのにぃ・・・・・・」
なんて思いながら歌を聴いた。

歌が終わり、いつものように芝居を続ける。
と、
座長が、言った。
「いや~、今日は歌が短くなっちゃったなぁ~!!」
皆、「え?」とポカ~ン。
「いや~、いつもどっかから神様が音を出してくれるんだけどね~、今日は間違えちゃったみたいだよ。音響の神様がいるんだけどね~、どうしちゃったんだろう・・・・・・・・って、コラッ!メアリー!そっち(音響さんのいる所)を睨むんじゃないよ!いや~、ビックリした~。」
と、座長も音響さんの方をじーっと見る。
「ジョーさんも見てんじゃないですか!」全員でツッコム。

舞台上に出てる私達が騙されたくらいだから、お客さんは、座長が言わなかったらきっとわからなかっただろうに・・・・・・・・・・・・
そこを笑いにもってって、一気に空気を変えていく座長はやっぱり凄かった!
そして面白かった。

終演後、音響さんが「すいませ~ん!!」と楽屋に誤りにいらっしゃった。
「白土、瀬尾、良田、村上、池辺、ゴメン!お詫びに今日はおごるから許して!」
「わーい!!」
ギャル達は一階にも声が聞こえるほど、大喜びしていた。

楽屋を出る時、「白土、飯食いに行くけど、行くか?」
座長が聞くと、
「いえ、今日は音響さんと、食べに行きますから!」と目をキラキラ輝かせて座長の誘いを断った。

1時間後・・・・・・・・・座長としゃぶしゃぶを食べているマネージャーのところに白土から電話が入った。
「今、どこですか~?今日はメンバーが集まらなくて、音響さんとの食事会、なくなっちゃいました~。」
トホホな白土さん。
そして一番トホホだったのは、音響さんだろう。
間違えちゃうわ、女の子は集まんないわで・・・・・・・・・・

そして2日目からはバッチリな舞台になったとさ。

    めでたしめでたし。                         


| | Comments (4) | TrackBack (2)

December 12, 2005

大阪公演終了!!・・・・・かん。

「今日こそ書かなくちゃなぁ・・・・・・」と思ったのが12月2日。
思いながら、10日も経っちゃった。キャ・・・・

まず、12月1日はAAAライブだったのね。
今年も最高でござんした!!なんか、年々楽しくなってるわん。
026
寺脇さんと本番前のリハ中に・・・・・

027
水谷豊さんと打ち上げで・・・・・

で、3日、4日は大阪公演の稽古。
一ヶ月ぶりの芝居。
「覚えてるかなぁ・・・・・・」と誰もが思いながらのリハーサル&通し稽古は、なかなか緊張感があって、それでいて力が抜けていて、面白かった。
そして、新しい子役ちゃん達とのご対面。
広島県から来た大輔君は「・・・・・・じゃけん!」と広島弁バリバリでイカシテタ。
妹役のリホちゃんは小学2年生なのにしっかりしてて、私が小2だった頃と大違いだった。
私はあの頃は、な~んにも考えてなかった。
ただ、ウチが”タバコ屋”だったから、タバコ売らせたら右に出る小2はいなかったかもしれないなぁ・・・・・・

5日は来年のタイツマンズに”小林美江”ちゃんが出演するので、タップの振り付けを伝授した。
「タップシューズ履くの、久しぶりなんだよな~。」と彼女。
なるほど、2時間後に、タップシューズが壊れた・・・・・・・・・

6日は銀座のキルフェボンでマンゴーのタルトをぺロリと食べ、「もっと食べたい~!」とか言いながら店を出て、
「三丁目の夕日」を見に行った。
大泣きした。
子供が可愛くて可愛くて、「こんな子だったら欲しいなぁ~。」と思った。
いや~、きんちゃんも絶賛してたけど、ホント、見た方がいいっすよ!!

7日は大阪公演の為の荷物を稽古場からトラックに積み、夜は”酒の高橋”で冬恒例の豚・白子鍋を食べる。
呼んでないのに、また大竹が顔を出しやがった。
そして結構楽しく飲み食いしちゃった自分が悔しい。
でも、ホント、高橋の鍋は世田谷の宝だね~。と思った・・・・・・・

8日はさすがに旅の準備しないと。
ジムのサウナで汗をかきまくり、そのままスッピンでユニクロへ行ったら、南波ありさとバッタリ遭遇。
「まるさん!!」
「あらっ・・・・・ちょっと、何?買い物?」
当たり前ではないか。
買い物以外に何しにユニクロへ来るか。
非常に無防備なアタシだった為、動揺した。
無防備な不意打ちほど、ビックリ困る。
彼氏と歩いてるところへ、ふいに向こうから知り合いが歩いて来たりする不意打ちとかさ。
この間、豪徳寺でウチのマネージャーがそうだった・・・・・・・
いや~すまんすまん。
ハハハ!

そして9日~11日は大阪公演。
東京公演では一切なかった出来事があったのでした。

                                      ・・・・・・・つづく


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2005

きんの素敵なHOLIDAY・・・の続き 

公演が終わって少し時間があると、大抵、いろんな人に逢うことにしてます。

JUNEちゃんと会った次の日は、後輩の、のり(長谷川紀子)。
・・・っつーか、公演中、毎日会ってたじゃんっ!

実はここ最近、私達は公演中にある約束をしてるのです。
それは・・・「公演中は一切のお菓子を断つ!」というキビシー約束。
だって公演中は、プリンだの、ケーキだの、どらやきだの、オイシー差し入れが山ほど来るので、それを調子に乗ってパクパク食べてると、楽日頃には確実に太ってるわけです。
これはいかん!と、去年から二人で契約を交わしました。
甘いものを食べていい日は、火曜、木曜、日曜の週3日・・・あ、完全に断つわけではありません。これが精一杯なのさっ。もしそれ以外の日に食べたら、罰金1万円!で、楽日まで守れたら、お互いにご褒美をあげる、という契約です。
前回はお互いにきちんと約束を果たし、のりからは、ケーニヒス・クローネというお店の、陶器の壷に入ったチョコレートケーキ。(これは美味かった!!)私からは、銀座のHidemi Suginoという、これまた至福の味がするケーキがたくさんあるお店でティータイム、というご褒美でした。

今回も双方約束を果たし、その日は、このご褒美デーだったわけです。

今回の私からのご褒美は、いま、私が一番大好きなプリンの店、葉山の「マーロウ」というお店で、プリンだけでなく、ランチもしちゃおう!という贅沢プラン!何が贅沢って、奥さん!このお店、海岸沿いなので、海を見ながらお食事できるのですよ。

その日は極上の快晴!海を満喫するにはもってこいのお天気!
青空を見ながら車でダーっと一気に葉山へ。う~、平日の昼に遊べるっていいわあ。
そのお店には、私が「ママ」と呼んで母の如く慕っている、素敵なミセスがお勤めしていて・・・ま、この話はいずれお話しするとして・・・その方はじめ、従業員の皆様が、全て手作業で丹精込めてプリンを作っているのです。そんな最高のプリンを食べながら海を見ておしゃべり・・・ほ~ら、想像しただけでウットリ・・・。

お店に着くと、すでに10人以上待ってる。なので、テラスで時間つぶし。のりはすでに海だ!プリンだ!とボルテージがあがり、持ってきたデジカメで海をバックに写真をパチパチ。
20分くらい待って、やっと店内へ。ラッキーにも海側の席が取れて、もう言うことなし!たくさんあるプリンの種類に散々迷いながら、やっとオーダーして、「どーよー。いいでしょ?ここ。」と、まるで、自分の店のように自慢をしていました。

そのとき・・・

「・・・ナッキー?」という声。

思わず声がした方を見たのは、私の高校のときのあだ名だったから。

そして私は、とんでもない偶然に出くわしました。

隣にテーブルにいたのは・・・昨日会った、JUNEちゃんだったのです!
とっさに前日のJUNEちゃんの言葉を思い出しました。
「途中、海の見えるレストランでランチして帰るんだ」
・・・確かに、ここは海の見えるレストランでした。

二人でとにかくもうギャーギャー驚いて驚いて驚きまくって・・・彼女は福島に向かいました。
今度会うときはサンフランシスコで!って言ってたのに、まさか葉山で会うとは・・・。

驚いたら、余計お腹が減って、出されたものはきちんと完食。相変わらずプリンは美味しかった・・・。
ママも仕事終わりでお店に顔を出してくださって、一緒にお茶をし、食事の後3人で、近くのこれまた素敵な海沿いの雑貨屋さんでかわいい小物達を見て、気付けばもう陽が傾き始めるような時間。
夕日がきれいなので、のりと私は写真を撮りまくり。
「あら~夕日がきれいねえ~」ママはそう言いながら、夕日に向かって手を合わせ拝んでいました。

今日の偶然はホントに凄かった・・・コレ級の偶然って、一生のうち、何回あるんだろう?
いやいや。この世には偶然なんてない。すべて必然だといいます。
私にとってこれがどう必然で、何を意味するか、よくわかんないけど・・・
今日は最高に面白い体験をさせてくれてありがとうございました。
と、私も真似して夕日に手を合わせました。

こうして2日間の素敵な休日は怒涛のように終わったのでした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »