« ドロンジョ様いよいよ放送!!・・・・・かん。 | Main | きんの映画評Vol.14→『涙そうそう』 »

September 18, 2006

あ!!・・・・・・・・かん。

先日、テレビを見ていたら、聞き覚えのある名前が聞こえてきた。
懐かしい名前だった。

でも、まさか、私が知ってるその人じゃないだろう、単なる同姓同名だろうと思った。
その同姓同名の人はゲストコメンテーターとして出演していた。
その人の顔をよく見てみる・・・・・・・・・
「ん~。これは私の知ってる人なんだろうか?」
じっと見てもはっきりとわからない。
でも・・・・・なんとなく面影はある。
何が違うかっていうと、私が知ってるその人は痩せてたはずなのに、
テレビの中の人は物凄くデブだったのだ。

その人は私が中学生の時、お世話になった
塾の先生である。
先生は東大に現役で合格し、中学生の私達5人を家で教えてくれていたのだ。
なかなか面白い先生だったという記憶がある。
新製品のジュースは必ず、買って飲む。
とか、
サーティーワンへ行き、どんな組み合わせを頼むと、
店員は「うわ~、こんな組み合わせのアイス食べるのかよ。」って顔をするのか?
という研究をしたりしていた。
もう23,4年も前の話である。

時は経ち、その5人の生徒の中の一人が結婚することになった。
私ともう一人の子が司会を頼まれ
そして、当然、東大の先生も結婚式にお招きした。
一緒に祝って頂こうと思ったからだ。

まずは、私達が卒業した高校の教会で式を挙げた。
そして式が済み、そこから披露宴会場へ移動となった。
移動の手段は三々五々というつもりだったので、タクシーは新郎新婦と親族の分しか手配していなかった。
そこで、事件は起きたのだ!

タクシーを身内の分しか呼んでいないことに、
東大の先生は激怒したのである。
物凄いけんまくで怒りだしたのだ。

私達はびっくりした。
まさか、そんなことでこんなに怒られるとは思ってもみなかった。
しかも、こんなメデタイ日に・・・・・・・・・

それから急いで車を手配し、
私は司会の準備があったので、一足先に会場へ向わなければならならなかった。
しばらくすると、友達が付き添って、先生も到着した。
段取りの打ち合わせをしている中、会場に到着した先生は私を呼び出した。
どうやら怒りが治まっていないようだ。
顔つきが違う・・・・・・・・

ガンガン怒られた。
今日はメデタイ結婚式なのに、最強に怒鳴られた。
「なんで、こんな日にこんなに怒ってるんだろう、この人。
タクシーを呼ばなかったことがそんなに悪いことなんだろうか?」
怒られながら思った。
そして、トドメの一発が先生の口から出た。

「そんなことじゃあ、アナタ、女優になんてなれないよ!!」

先生は怒りが治まらず、私を心の底から傷付けたかったんだろうと思う。
私を一番ギャフンを言わせる切り札はこの言葉だと、
頭のいい先生はわかっていたんだろう。

私はこれから司会をやらなければならないのに、
涙が止まらなかった。
悔しくて、悲しくて、泣けて泣けてしょうがなかった。
それでも時間はどんどん迫ってくる。
親友の晴れの舞台の結婚式である。
盛大に盛り上げて、いい思い出になるような日にしなければならないのだ。
そう思って、気持ちを切り替え、皆の前に出た。

式が終わり、その日、先生とどういう別れ方をしたのかは、もう覚えていない・・・・・
でも、私の傷は物凄く深かった。
ずいぶん長いこと、悔しさが消えなかったように思う。

あの時は先生も若かった。
広い心で、”許す”ということができなかったんだろう。


さて、今テレビに出ているこの人は、あの東大の先生なのか?
私は早速ネットで検索してみることにした。
結果は・・・・・・・ビンゴだった。
先生は完全に立派なデブになっていた。
でも、コメンテーターとしてゲストに呼ばれているぐらい立派にもなっていた。

久しぶりに会ったのがテレビの中。
普通だったら、嬉しくて、懐かしくて、笑顔も出るだろうに、
残念ながら私に笑顔はない。
「あ~あ、太ったな~。」
その程度である。
残念だ・・・・・・・実に悲しい。
そして、やっぱりあの時言われた言葉を思い出す。

「そんなことじゃあ、アナタ、女優になんてなれないよ!!」

私は、先生が思い描いてた”女優”というものに、今、なれてるのか?
それともやっぱりなれてないのか?
自分でも答えは出せない・・・・・・・・
久々の再会は非常に胸が痛かった・・・・・・・・・・・

|

« ドロンジョ様いよいよ放送!!・・・・・かん。 | Main | きんの映画評Vol.14→『涙そうそう』 »

Comments

コメントをありがとうございました。
お二人の言葉に感謝しております。

きっと、東大の先生は、あんなことがあったことを忘れているかもしれません。
少なくとも、私に言った言葉は覚えてないでしょう・・・・・・

そう思うと、私も自分の知らないところで、知らないうちに人を傷つけていたり、そのことをすっかり忘れていたりするのかもしれないなぁ、と思います。

私はフトコロの広い人が好きです。
私もそうなりたい・・・・・・
お釈迦様のようになりたい・・・・・

Posted by: かん。 | September 20, 2006 at 10:18 PM

悲しい人ですなー。
自分の権力的立場を誇張したいのか、なおざりにされたことに腹を立てたとはいえ、そこまで爆発させなくても…。
きっと、その先生の近くには、誰もいないと思います。だって「俺を誰だと思っているんだ」的な態度の人の近くで同じ空気は吸いたくないですもの。気分悪くなっちゃいます。

面白い研究をする人かと思いきや、只の偏屈な人間でしたのね。

その先生がいうところの「女優」になれてるかは一生分からないかもしれませんが、私の目に映るかんさんは、ステキな女優さんなのです。

Posted by: ゆき | September 20, 2006 at 12:54 AM

再教育が必要なのは、小中高の一部の教員ばかりではないと思います。次の世代に見せられない反面教師にもならない大人いますよね。ほどんどの人が、場所をわきまえて怒りの発露を我慢しているのに、それができないというのは、学歴が立派かどうか知りませんが、人間として欠陥があるとしかいいようがない。それに、言葉の暴力は犯罪として立証し難いだけに、狡猾な行為。しかも、物理的な暴力よりも、人の心に長く悪い影響を及ぼす。人を納得させるのではなく、その場で人を黙らせることしかできないのは、先生としてだけではなく、人間として終わっている。
 そんな人間の周りには、本当の意味でやさしい人がいないから、間違っていると言ってもらえない。ますますおかしな方向に進んでいく。人は自分の生き方が間違っていることに気づくのが、遅ければ遅いほど、ダメージが大きい。まあそれもまともな人間ならば、だけど。
 要するに、かわいそうな人なんだね。
 そんなバカのことを思い出すことなどないし、その人の存在そのものを記憶から消し去ったほうがよいです。
 それにしても、そんな我慢できない人間がのさばって、それに耐えている人間が黙ってその後始末を地味にしていたりする。それが、今の世の中。若い人はそれをどう見ているのかなぁ。自分の未来をどのようなものに思い描いているのだろう。

Posted by: 亮 | September 19, 2006 at 11:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43112/11950982

Listed below are links to weblogs that reference あ!!・・・・・・・・かん。:

« ドロンジョ様いよいよ放送!!・・・・・かん。 | Main | きんの映画評Vol.14→『涙そうそう』 »