« 「熱海五朗一座」稽古中!・・・・・・かん。 | Main | 昨日の私・・・・・・・かん。 »

April 24, 2007

きんの、充電と放電…“放電編”

「熱海五郎一座」の稽古で、まだ放電していない私。
これから!というときになんですが…今日から、“海外”で放電してきます。

「はあ~っ?!何言っちゃってんのぉ?どこいくのぉ?なんでぇ?」

って感じでしょ?

そうねえ~。
ウルルン風に言うと・・・

「白土直子がぁ~
 南の島でぇ~
 島の子供たちにぃ~
 歌を教えたぁ~」

ってな感じです。

場所は…フィリピンのカオハガン島。
フィリピンにありながら、日本人が所有している島なんです。

それにしても、何故その話が私に来たか…?

きっかけは、SETの元先輩、原育美さん。

育美さんはある時、この島のことが書かれている本に出会いました。
『何も無くて豊かな島』
この本の著者が、崎山さんという方。
カオハガン島の所有者です。

この本に感銘を受けた育美さんは…行っちゃったんですねぇ、この島に。
そして島で、著者の崎山さんと実際に会って、そしていろんな話をして、
ついにNGO「南の島から」のスタッフになっちゃったんです。
すごい…。
ちなみに今は、事務局長に上り詰めてしまいました。
ホント、すごい…。

で、そんな流れの中、「舞台の仕事をやっていたのなら、それを生かして、子供たちにミュージカルを教えては?」
ということになり、2001年、子供たちによるミュージカルを上演。
これが、大成功。
今では、毎年の恒例行事になってしまうほど、大好評な企画なのです。

私は当初から、育美さんから本を借りて読んだこともあり、ちょっとずつカオハガンに興味を持っていました。
そして、帰国後に写真を見せてもらい、お土産話を聞かせてもらっては、
「行きたいなあ~。行きたいなあ~」
を連発していました。

なんたって、海がキレイなのよっ。奥さんっ!
写真で見る、海の色や、空の色が、「これ、CGで加工してる?」っていうくらい鮮やか。
こんな景色を毎日見れたら、どんなに心安らぐだろう…
海大好き人間には、もうたまらない写真ばかりだったのです。

毎年毎年うらやましがってると、いいことがあるもので。
今年はなんと!私もスタッフとして、連れて行ってもらえることになったのです。
私の仕事は、「子供たちに歌を教えること」
こんな幸せな仕事、ありませぬっ!
子供たちと、歌で交流出来るなんて…
すでにあたしの目がウルルンだわよっ!

そして、更に心強いことに、ダンスは、な、なんと!
振付師の南流石大先生までも参加!
島の子供たちに、一体どんな斬新な振りを付けるのか…
楽しみなことがいっぱいですっ!

ちなみに、育美さんがミュージカルを作る過程を、ブログで綴っています。
是非、読んでみてください。
向こうからも更新すると思うので、進行状況が分かって面白いかも!

http://caohagan.jugem.jp/

私も、もし向こうから更新できたら、するつもりです。
いかに日本とかけ離れた生活をしているか…
いかにカルチャーショックを受けてるか…
だって…電気が通ってないんだからっっ!!

でも、へこたれないわよ~っ
電気の通ってない島で、私の「放電」してる様を、お伝えしま~す。
…多分…

んじゃ、行ってきまぁすっ!

|

« 「熱海五朗一座」稽古中!・・・・・・かん。 | Main | 昨日の私・・・・・・・かん。 »

Comments

今頃は南の島で、子供たちと歌い踊ってらっしゃるのでしょうか。

南の島=楽園

てイメージですが、今こうしてる間にも失われてゆく楽園があるんですよねー。
子供たちの歌声が響く南の島が、いつまでも南の島としてあり続けるように、今日も買い物袋を持ち歩きました。

(あ、タイツマンズのエコ・トートバッグとかあったら持ち歩きたいかもです。グッズありましたっけ?はて??)

Posted by: ゆき | May 01, 2007 at 10:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43112/14829180

Listed below are links to weblogs that reference きんの、充電と放電…“放電編”:

« 「熱海五朗一座」稽古中!・・・・・・かん。 | Main | 昨日の私・・・・・・・かん。 »