« きんの、タイツな日々。 | Main | ありがとう・・・・・・・かん。 »

August 18, 2008

母・・・・・・・・・かん。

降板の発表をして、二日後の水曜日。

母が他界しました。

あっという間でした。

本当に。

八月に入って、やっと本腰入れて世話ができるようになり

だんだんと色んなことが慣れてきて

何より、母に尽くすことが幸せで幸せで

喜びを感じ始めていた頃でした。


母はガンでした。

今まで、病院にほとんど行ったことがなく

いつも元気で明るい、タバコ屋のおばちゃんだったので

私も、家族も、もちろん本人も100歳まで生きるだろうと思っていました。


体調がおかしいと感じ始めて

検査して、病気がわかったのが5月20日。

それからたったの二か月半ほどで、この世からいなくなるとは

本当に、あっけない。


母は何しろ、せっかちでした。

旅行してるそばから、次の旅行の計画を立て

ご飯を食べている時、早く飲み込みすぎて、サザエさんのように物を詰まらせ

待ち合わせの時間より必ず早く来て、携帯電話に「早く来て!」と勝手なことを言う。


このせっかちがここでも出たかと。

そんなに急がずとも、私に身を委ねてくれればよかったのに。


私は、母の足を温かいタオルで拭きながら言った。

「お母さん、私ね、お母さんの世話をするのが、全然、苦じゃないんだよ。

むしろ、幸せ。

だから、全然、悪いなんて思わないで。何でも言ってよ。

何だかわかんないけど、20年芝居やってたことが、今、とても役に立ってる気がするの。

芝居やっててよかったなぁ~って凄く思うの。」


私は、母を通して、自分を見つめていました。

そして、また、母へと戻っていくのです。


そろそろ、意識が遠のきそうな頃、

私は言いました。

「お母さん、私はお母さんにとても感謝してるよ。

お母さんが大好きだよ。」

すると

「お母さんも優子が大好き。ありがとう。」

と返ってきました。

ここで、泣いてはいけない。

泣いたら、別れが来てしまうんじゃないかと思ったのでした。


先日、赤塚不二夫さんが亡くなった時のタモリさんの言葉で

「お礼を言うのは、他人行儀な感じがして、言えなかった・・・・・」

というようなことを言っていました。

私も全く同じ。

言いたくても、何だか照れくさくて、よそよそしくて、他人行儀で

今まであんまり言えてなかったような気がしていました。

だから、言えて、よかった。

そして、

当たり前の、とっても当たり前の言葉かもしれないけど

この世で一番素敵な言葉を母の口から聞けてよかった。


その後、どんどん意識がなくなっていきました。

最期まで、家で母を看取ることができたのは

本当に幸せでした。


別れは必ずやってくる。

後悔したら、きりがない。

ごめんね。 と何度言っても言い切れない。


私は母を見送って、これからの時間をどう過ごしていけばいいか

今はぼんやりと、ただぼんやりと、していたいかも・・・・・・

まだ、やらなければならないことも、確かに山積みだけど。

お芝居はもう少し先の話になりそうです。

皆さん、もうしばらく、待ってて下さいね。


|

« きんの、タイツな日々。 | Main | ありがとう・・・・・・・かん。 »

Comments

遅ればせながら、謹んでお悔やみ申し上げます・・・
SETuP先行のチケットが届いたときに事情のさわりは見たのですが、それからあっという間だったのですね・・・
私の父も病状がわかってから亡くなるのが早かったのですが、やはり、せっかちな父でした。

舞台に帰ってこられるのをいつまでも待っています。

Posted by: タンク | September 06, 2008 at 10:55 PM

涙流しながら読ませて頂きました。
愛から訃報を聞いた時、
「私の事はいいから、早く舞台に戻りなさい」
と、お母様は急がれたのかも知れない・・・
と思いました。
最後の最後迄、娘の事を思う母の気持・・・
痛い程わかります。
私の母は、私が9歳の時、白血病で他界しました。
でもそれからずっと、私の背中には母がいてくれて守ってくれているような気がしています。
お母様もこれからはずっと、かんちゃんの背中で見守って、応援して下さるはずです。
今はゆっくり心を癒して、
又元気な笑顔で舞台に帰って来て下さいね。

お母様のご冥福をお祈り致します。

Posted by: 愛ママ | August 21, 2008 at 05:18 AM

謹んでお悔やみ申し上げます。
時間を気にせず、ゆっくり休んでください。

Posted by: 亮 | August 21, 2008 at 01:15 AM

うまい言葉が見つかりませんが
おかあさまも最期の時を丸山さんと過ごせて嬉しかったことと思います

ゆっくり休んでください
いつまでも待ってます

Posted by: やす | August 20, 2008 at 09:09 PM

つつしんでお悔やみ申しあげます。
初めて書き込みいたします。
お気持お察しいたします。
今はまだ、無理をせず、すこしお身体を休めて、ゆっくりなさって下さい。

Posted by: bikkuri | August 19, 2008 at 07:29 PM

謹んでお悔やみ申し上げます。
私の父もガンで亡くなりました。
本当に憎き病いです。
どうぞ気を落とさず、今は心と身体をゆっくり休めて下さい。

お母様のご冥福をお祈り致します。

Posted by: じゅん | August 19, 2008 at 09:33 AM

お悔やみ申し上げます。

ひとやすみして

また、前にすすもう。

元気だしてね。

Posted by: かんかん! | August 19, 2008 at 01:19 AM

謹んでお悔やみ申し上げます。

舞台の降板の知らせを友人から聞いた時はショックで書き込みもできませんでした。

でもきっと優子さんの介護で元気を取り戻されるんだろうと思ってました。
お母さまのこと、本当に残念です。

いつか、とびっきりの元気な笑顔で帰ってこられるよう、今は形あるものもないものも、ゆっくり整理なさってください。

優子さんが私たちの前に戻ってくる日を心待ちにしています。

Posted by: あいこ | August 18, 2008 at 10:17 PM

御母様のご冥福をお祈り致します。
気の利いた言葉が出ません。ごめんなさい。

今は、色んなものをゆっくり整理して、心と身体を休めて下さい。

御母様は、優子さんに逢えて幸せな人生だった事でしょう。
御母様にいつか会える日まで、優子さんも素晴らしい人生を歩んで下さい。

合掌。

Posted by: 峯子 | August 18, 2008 at 09:51 PM

謹んでお悔やみ申し上げます。
どうか悲しみのあまり、お体を壊されませんように、心よりお祈り申し上げます。
かんちゃんの悲しみが癒えて笑顔が見られる日まで、いつまでもお待ちしております。
かんちゃんが劇団SETの舞台に戻ってきた時には必ず観に行きますからね。

Posted by: しょうたいむ | August 18, 2008 at 08:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43112/42174755

Listed below are links to weblogs that reference 母・・・・・・・・・かん。:

« きんの、タイツな日々。 | Main | ありがとう・・・・・・・かん。 »