« October 2008 | Main | December 2008 »

November 30, 2008

12月1日は武道館!!・・・・・・・・・・・かん。

さて、毎年恒例のライブ

「Act Against AIDSライブ」

エイズ撲滅のチャリティーコンサートね!

今年で16年目だそうよ。

このチャリティーで集まったお金で、

エイズに感染してしまった子供達のために

海外に病院を建てたりしているの。


何しろお客さんは、ライブを楽しみながら、チャリティーに参加できちゃう。

一石二鳥よ~!!

一人でも多くの命を救おうと

毎年、岸谷五郎さん、寺脇康文さんを筆頭に

私達バンドのメンバーや、アミューズのスタッフさんが頑張っているの。


さて、今年は27日から三日間のリハのみ。

芝居では考えられない、稽古時間!!

ミュージシャンって凄いわね。

ま、譜面見ていいからかもしれないけど・・・・・・・・

芝居は台本見ながら舞台立てないもんね。


私は、久々のリハーサルという時間に浸って

「やっぱり楽しいな~!!」

という気持ちをじんわりと感じていました。

いつも隣りにいる、きんちゃんと一緒に

あうん、の呼吸でハモルのも、

休憩時間にどうでもいい話をするのも、

バンドのメンバーやゲストさんと共に一つの曲を作り上げることも

全て幸せ。

明日の本番はもっともっと、幸せ噛みしめて楽しんでくるぞ~!!


今回も色んなゲストさんを呼んでかなりのお祭り騒ぎになるでしょう。

毎年、12月1日にやりますから、

まだ見たことない人、是非一度来てみて!

私達きんかんは、腰が曲がって、マイクが低~くなっても

マイクが床に付いちゃっても、コーラスやってるからね・・・・・・・・・・

| | Comments (9) | TrackBack (0)

November 19, 2008

きんの、ライブやります!

そうなんです。
来週の水曜日、ライブをやりますkaraoke

Flyer_08_live_5_2
↑クリックすると、ちょっと大きくなるよっeye

今年の夏、六本木のスイートベイジルで、
水木プロデュースメンバーと一緒にライブをやりましたが、
今回は、そのメンバーの一人、大橋光くんと、私の、
2トップ(?)で、お送りします。

が、水プロのライブなので、普通のライブはやりませんsmile

ゲストに曾我さんと津田さんを迎えます。

まあ、ゲストを呼ぶのはよくあることです。

MCが、水木君と鈴木早智子さんです。

あの、一世を風靡した、
Winkのさっちんこと、鈴木早智子さんです。

MCでいいんですか?!早智子さん!
むしろ、私がMCしなきゃいけないんじゃないか?!
と、後ろめたい気がします。

そんでもって、前説がいます。

TV番組の収録でもありません。
コントライブでもありません。
歌のライブです。

なぜ前説・・・?chickchickchick

そのへんはもう気にしないことにして・・・

詳細です~

2008.11.26.Wed.
@SHIBUYA O-nest(渋谷区円山町2-3-6F)
Open:18:30
Start:19:30
Ticket:前売¥4000 当日¥4200
(1ドリンク代¥500要別途)

<CAST>
大橋光
白土直子
高木茂治BAND

<GUEST>
曾我泰久
津田英祐

<前説>
蔦姫(松田沙希&阿部未来)

<MC>
水木英昭
鈴木早智子

<チケット取り扱い>
水木英昭プロデュース
http://www.mizu-pro.com/index.html

今回のテーマは80年代!
懐かしい歌、てんこ盛りです!
キュンキュンしまくりheart04

皆様、ぜひぜひsign03遊びにいらして下さいnote
あの頃に帰って、一緒に歌いましょ~up

今週末からRHがはじまります。
どうなることやら・・・

またご報告したいと思います~

| | Comments (6)

November 18, 2008

酉の市・・・・・・・・かん。

昨夜、酉の市へ行ってきた。昨夜は二の酉。

「まるさん、酉の市行かない?」

と、小学校からの同級生が誘ってくれたのだ。

こうやって、誘ってもらえるのは、嬉しいもの。

ましてや、近所で、サクッと身軽に出られるなんぞ

なお素敵。

お酉さんなんて、何年ぶりだろう・・・・・・・・・

昔、行った時は ”見世物小屋” なんてのがあった。

中に入ると 「ヘビ女」がいる。

最初に、ロウソクの液体を口に流し込み

その後、プー!!っと火を噴く。

そして、いよいよ本丸芸、

細いヘビを食いちぎり、鼻から入れて口から出す。

物が変われば、ほっしゃんである。

あれ以来、”見世物小屋”はお目にかかっていない。

今年も同じく、なかった。

残念のようなホッとしたような・・・・・・・


さて、まずはお参り。

正月並に、長蛇の列!!

私は、賽銭を入れて、鈴も鳴らさずに、手をぱんぱんと叩き

祈ってしまった・・・・・・・・・・・

で、気が付いてから、鈴をカラカラと鳴らした。

神様の前でアホをさらけ出してしまったのだ。

今日は、いい熊手が買えるのか?

いきなり心配になった。


それから、腹ごしらえに突入。

ここのお酉さんは、なかなかのスケールなので、出店している屋台の多さに圧倒される。

まずは、”山芋の磯辺揚げ”

アツアツの”磯辺揚げ”を持ちながら、次の御馳走を探す。

すると、すぐに行列に出くわした。

見ると ”お好み焼き”

しかし、ベーコンが乗ってたり、豚ロースが乗ってたり

キャベツと卵で物凄い、もっこりしている。

「コレ、食べよう!並ぼうぜ!」

人間、やっぱり行列には弱いな。

なんだか、他の店より美味しそうに見えてくるもん。

列に並びながら、”磯辺揚げ”をハフハフ言いながら食べた。

食べ終わった頃に、”お好み焼き”をゲット!

すかさず、道の端で、またハフハフ言いながら食べた。

「それ、美味しい?」

おばさんが聞いてきたので

「美味しいよ!ベーコンとか入ってて。ただ、焼きたてを食べないとダメよ。

焼きたてだから、美味しいのよ!」

「買った方がいい?」

「買った方がいいに決まってんじゃん!!」

私の手にかかれば、皆、お好み焼きを買うのだ~。


さて、お腹も満たされいよいよ本丸。

熊手選び。

ズラリと並んだお店には、その店ならではのデザインで

色んな大きさの熊手がびっしりと飾ってある。

そして、そこらじゅうから、威勢のいい声と、手締めが聞こえる。

「うわ~、凄いなぁ~!これは、何を選んでいいのか、わからないね~!」

友達と、人ゴミに揉みくちゃにされながら、店を熱心に見た。

「もう~、わかんないからさ、一番怖そうなおじさんの店にしようかな。」

「あはははは!何それ?」

「なんか、イカツイおじさんから、買ってみたいじゃん。」

そう言いながら見ていると、やたらと、大きい熊手が飾ってあり

売約済みの札が沢山出ている店に出た。

「あ、ここ凄いね。やっぱりさ、商売繁盛してるお店の方が、御利益ありそうだね。」

見渡すと、そんなにイカツイおじさんはいなかったが、ここにした。

値段を聞き、少し安くしてもらう。

他の人がやってるみたいに、店の名前を入れてもらおうと待っていると

おじさんが「名前入れる?」

と聞いてくれた。

「当たり前じゃ~ん!早く聞いてよ~!その言葉待ってたんだから~!!」

すると、おじさん

「それはご祝儀を頂いてからなんだよ~。」

なるほど、先日テレビで見た通り。

ご祝儀を渡し、店の名前を入れてもらい、最後に店の人が全員で

商売繁盛を願っての手締めをしてくれた。

嬉しくて嬉しくて、皆にしてもらえることが嬉しくてたまらなかった。


今朝、早速お店に飾った。

キラキラと輝いて、福の神がパッと店の空気を明るく変えた。

ウキウキしてきた。

私は大きく二回、手を叩いた。

Ca3901140001


| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 14, 2008

六本木ってやつは・・・・・・・・・・かん。

先日、久々にオーディションを受けに、

六本木へ行ってきた。

会場へ行くと、しばらく待たされ、

いざ、オーディションになったら、あっという間に終わってしまった。

何の、笑いもとれず、何も披露できずに

後悔ばかりが心に残る・・・・・・・・・


しかし、もう終わったことはすっかり忘れて

今から、六本木を満喫しようと試みた。

なんたって、今じゃ、久し振りの上京じゃん。


まず、この辺でちょっと有名なカレーのお店に入ってみた。

基本的には、古い喫茶店なんだけど、

美味しいらしいと聞いていたので、

野菜カレーを注文。

実は、私、その前日まで三日間、カレーの日々だったのに・・・・・・・

それでも食べたいこの執念。

途中で、この辺でお仕事している知り合いにメールをしたら

やってきて、一緒にお茶を飲んでくれた。

「ここは、お母さんが一人でやっているので、すごくのんびりしたいいお店だよ。」

と教えてくれた。

なるほど、カレーも美味!!

そして、盛り付けがまた綺麗!!

帰る時に

「美味しかったです!」

と、しっかりお伝えして、店を出た。


それから、その辺をウロウロと散歩。

六本木はやはり、派手なイメージがあるけれど

少し奥に入ると、小さな小道がいっぱいあって、静かである。

そして、ヒルズの方に戻ってきて、

歩いていると、オシャレ~なカフェ~が並んでいた。

なんだか、照明とか、テーブルとか、やたらと気どりやがって・・・・・・・

皆、お洒落なとこで、気取って飲んでやがる。

なんだよ、なんだよ、

六本木だからって、天狗になってんじゃねーよ。

なんでも、お洒落に作りゃいいってもんじゃねーんだよ。

チッ、い~な~!

私も入りたいな~!!

羨ましいなぁ~!!

と、横目で見ながら、映画館へ入った。

せっかくだから「レッドクリフ」を見た・・・・・・・


戦で、お腹いっぱいになって、出てきた。


来月は、もうクリスマス。

外に出るとヒルズはキラキラしていた。

夜空の下で青い光が、うっとりするほど輝いている。

こういうものを見るとなんだか、切なくなるのは、私だけでしょうか・・・・・・・・・

いやいや、少なくとも、去年、鎌倉でクリスマス会を行った

女子達は皆、そう思うに違いない。

クリスマスに女子5人の私達だもの。


「すいませ~ん!」

声をかけられ、振り向くと、女子。

そして、その後、地図を差し出し、英語で道を聞かれた。

オリジナル英語で分かり易く教えてあげると、笑顔で彼女は歩いて行った。


さてと・・・・・・・帰るか。


家に帰って、ご飯を食べた。

あさりの味噌汁、五穀米、ほうれん草のおひたし、味付け海苔。

これが、

これが、

びっくりするほど、旨かった!!

なんて、美味しいごちそうだろうと、感動した。

人生最後の晩餐は、コレかもしれないと思った。


幸せとは、ほんのささいな、小さな、当たり前のことだったりする。

今日はいい一日だったなぁ、と思える日は

こうして、最後に幸せを感じた日かもしれない。

今日はいい一日だったなぁ。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 12, 2008

きんの、大学と、海と、内出血

今年の本公演も、全行程、無事終了しましたsign03

ご来場くださった皆様、改めて、ありがとうございましたhappy02

タイツマンズから数えたら、舞台モードだった3ヶ月間が終わり、
最近は、吸収モード。
いろんなところへ赴き、いろいろなパワーをもらっています。

例えば

Nodai

近所にある、農大の学園祭へ。
高卒の私には、魅力たっぷりの場所でしたshine

中でも、心に残ったのは、ある教室でやっていた、バンド演奏karaoke
でも、演奏じゃなくて、バンドの名前にやられた。

「岸団」

次のバンドが「はきだめ」。

ネーミングはいいんだけどなあ…
入って数分で、表に出た…

大学生のむせかえるような荒ぶるパワーを頂きました。

それから、毎年恒例
「甘いもの解禁cake打ち上げツアーrvcar

毎年、本公演中、差し入れのお菓子を食べ過ぎないよう、
週3日、甘いものを断っていた苦行(?)。
今年は、尚子、ハセエミと共に、荒行(??)を乗り越えましたcrying

そのメンバープラス、在団中に一緒に修行した(???)、元劇団員ののりと4人で、
いざ、湘南へ~

まずは海沿いのカレー屋さん“珊瑚礁”で、カレー

Curry

それから葉山の“マーロウ”で、プリン

Pudding

至福のひととき…
お腹いっぱい、カレーと、プリンと、海のパワーを頂きました。

そして、浅草。

友達に誘われ、一度観たかった、“平成中村座”へ。

Nakamuraza

感動したsign01
予想をはるかに上回る、感動だったsign03

作品の内容とは関係ないけど、
「日本に生まれて良かった」と心底、思いました。

国の文化を継承していく。
そういうものには…かなわないなあ…

終演のご挨拶になり、
隣の友人に思わず尋ねた。

「ねえ、立っていい?」
「いいんじゃない?」

歌舞伎通が言うんだから、大丈夫か。

すかさず、スタンディング・オベイジョン。
表現の仕方が、外国式…
どうしても、感じた気持ちを最大級で表現したかったのです。

でも、それは私だけではなかったようで、
会場はまさに、「賞讃の嵐」でした。

うちに帰って腕を見たら、
拍手のしすぎで内出血していた。

思わず笑ってしまった。

う~ん。
吸収するのは、最高に楽しい~happy02

| | Comments (2)

November 11, 2008

近頃は・・・・・・・・・かん。

先日、カナティと元劇団員の長谷川さんとフリーマーケットをやってきた。

どんよりした曇り空だけど、
なんとか沢山売って儲けようと
ワクワクしながら、カナティの車で
駒沢公園へ向かう途中、

事故にあった。

あれは、何通りというのか?

何しろ、ガードレールを越えて、
一人の太った男子が道路に出ているではないか。
発見したのは、私。

「ねえねえ、あの人、あんな所に出て何やってんのかしら?」

「え?どこどこ?」

「やだ、あの人、どこ触ってんのかしら?」

「あれ!ちょっと待って!アソコ出してない!?」

「ええ!?」

「キャー!!!!!!!おしっこしてるぅぅぅう~~~~~~!!!!」

「キャーーーー!!イヤーーーーーーー!!!!!!」

誰よりも大きな悲鳴をあげたのは、カナティだった。

カナティは見かけ通り、ナイーブでデリケートで大和撫子なのだ。
しかし、悲鳴をあげながらも、運転は上手い。

そんな事故に遭遇しながら、公園に到着。
もうすでに、店を出してる人と買ってる人でごった返していた。

私達はそれぞれ持参したものを並べながら

「あら、コレ出しちゃうの?もう着ないの?もったいないじゃん!」

とか、言いながらお互いのを試着したりする。

「コレ、いいじゃん。」

「あげる。あげる。」

「いいの?」

とか言って、もらう。

「あら、コレも出しちゃうの?」

「うん。」

「あれ?コレって、あなたの友達が着てなかった?」

「そうそう。」

「もらったんだ。そしてもう、使わないんだ・・・・・・」

「友達も、よくこんな高価な物、あなたにあげたわね~。」

「女はさ、男で変わんのよ。

ケバイ服じゃなくて、ナチュラル志向だったみたい、彼氏が。」

「あ~。いるいるそういう男。」

「女は変わるのよね~。」

こんな会話をしていると、目の前にいたお客さんがゲラゲラと笑い始めた。

「会話が面白いです。」


それから、ぼちぼち売れ始めた。

私は、今回、母のシャツやジャケットを売ったのだった。

捨ててしまうのは忍びないし、

全てを取っておくのもどうかと。

だったら、誰かに着てもらうほうがいいだろうと思ったのだ。

色んな場所に母の物が飛んで行く。

ありがたくて、素晴らしいことだ。

大した、利益にはならないだろうけど

金額の問題ではない。

この時間を楽しみながら、人とふれあいながら

消化していけばいいのだ。


午後を過ぎると雨が降ってきて、やむなく、店を畳んだ。

帰りにファミレスで打ち上げをして

今日の利益を使い果たした。

楽しかった。

商売はやっぱり楽しいものなのだ。


帰りに、売れ残った服を抱えながら、

どうしても気になっていたCDを買った。


馬場俊英

「いつか君に追い風が」

思った通り、良すぎて

泣けた。

色んなことがあって、いい一日になった。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »