« April 2009 | Main | June 2009 »

May 29, 2009

きんの、大好きな歌声

歌を歌うことも大好きですが、
同じくらい、聴くのも大好きear

いい音楽は、心を豊かにしてくれますよね~shine

さて、先日、ミュージカルを観に行ったのですが、
予てから抱いていた疑問に、とうとう確固たる答えを見つけましたflair

それは、「私は、その人の歌声を聴くと、涙が出る」という法則。

声の主は、土居裕子さん。
ミュージカル界の、それはそれは重鎮的存在の方。
もひとつ言うと、去年、スペースシャトル・エンデバー号が地球に還る朝、
ウエイクアップミュージックで流れた「ふるさと」を歌ってる方です。
…スゴイ方です…

2年ほど前に、一緒に舞台に立たせていただいてから、
そのご縁で、土居さんのライブや舞台をちょこちょこ観に行ってるのですが、

毎回、必ず、泣く。
悲しい歌やバラードは、もちろんのこと、
明るい歌でも、泣く。

これはちょっとおかしいぞ?と気づき、
先日の舞台、『この森で、天使はバスを降りた』を
観に行った時のこと。

初めて土居さんが登場して、歌い始めた途端、

…目頭が熱い…

で、この法則を、確信しました。
「私は、この人の歌声を聴くと、涙が出る」と。

“法則”、というより、“体質”です。

終わった後、楽屋に行くと、ステキで爽やかな笑顔が。
もう…天使よっ、天使っshine

そんでもって、すぐ近くにこれまた大好きな女優さん、田中利花さんが!!
土居姐さんにご紹介していただき、お話しもさせていただき、
はしゃぎすぎて、写真を撮るのも忘れてしまった…shock

この舞台、5月31日までやってます。
ステキなミュージカルだったので、よかったら是非sign03

それにしても、何故涙が出るのか?

歌を聴いて泣くことはたくさんあります。
詩がいいとか、曲がいいとか、想い出の曲とか、
歌い手の表現力とか、そのときの精神状態とリンクしちゃうとか、

でも、土居さんの歌を聴いた時、
上に書いた理由とは、また違う何かが作用してるのです。

強いて言うなら、「心が洗われる」
…でも、これもしっくりときてない感じ。
うまい言葉が見つかりません。

う~んsweat01
歌声の中に、涙腺を刺激する周波数が出てるのか?
そもそも、そんな周波数があるのか?

謎だ~

でも、大好きだ~heart04

| | Comments (7)

May 25, 2009

伊東四郎一座・熱海五郎一座合同公演。・・・・・・・・かん。

先日、観に行ってきた。

本番前に先ずは、楽屋へご挨拶。

廊下の先で出演者の小宮さんが歯を磨いていた。

磨きながら「楽屋こっちだよ、皆いるよ。」

みたいなジャスチャー。

行ってみると、ソファーにラサールさんと東ックスと昇太さんが

座って談笑していた。

座長はイスに座って相変わらずギターを弾いている。

鏡前に渡辺さんと、伊東孝明さん。

アラフォー&アラフィーおじさん満載。


「あーどうもどうも!」

と入って行くと。

「おー、今日見るのか~。」

と、迎えて下さった。


それから、お茶を飲めとか、ゼリーを食べろとか

このお茶菓子を持って行けとか

お父さんは元気なのか?とか

お前はいくつになったんだ?とか

あらゆる方向から色んなものが飛んできた。

まるで、親戚のおじさんだ。

だいたい年に一度か二度ぐらいしか合わないし

もうかれこれ長い付き合いになる方ばかりなので

これは、たぶん正しい会話なのである。

有難い。本当に、素敵なおじさん達だ。


ひときわラサールさんは、私の近況をよくご存じであった。

なぜなら、ブログをよくご覧になっていらっしゃるそうで。

父の心配をしてくれたのがラサールさんだった。

ま、たいして心配はしてないんだろうけど

少しだけでも、気に掛けてくれるだけで、嬉しいじゃないか。


頂いたお茶菓子を、芝居が終わるまで、

楽屋へ置いとけばいいじゃん。

と、これまた親戚のおじさんなら言うだろう言葉。

優しいね~。


さて、その後は若手の楽屋へ。

女子の楽屋へ行くと、ちょうど皆、着替えの真っ最中で

ヌーブラやっほー!

だった。

どいつもこいつも

やっほーやっほっほーヌーブラやっほー!!

だった。

男子の楽屋へ行くと、入る前から臭かった。

「うえ、くせー!」

すると西海君が、私のモノマネをしながら近寄って来た。

私も私のモノマネをしながら、ひとしきり

西海君とたわむれる。

これがいつものパターンなのだ。


さて、いよいよ本番。

お決まりの ”東ックス5分前パフォーマンス”から

しっかり堪能。

これから行く人は必ず5分前には席についていましょうね~。

そして開演・・・・・・・・・・

広い青山劇場が笑いに包まれておりました。

結構、声出して笑ってた私。

後輩達もよく踊ってた~。

終演後30分以上は経ってるのに

楽屋で大関君に会ったら

まだ汗拭いてた・・・・・・・・


ま、これから観に行く方がいらっしゃるので、

中味は詳しくは

言いませんよ。

体感するのが一番だからね~。


さて、終演後はラサールさんと、昇太さんと

後輩の何人かで、ご飯を食べに。

ラサールさんの、”ヌーブラ見極め術” とか

”俺の老後” とか

話題の絶えない人である。


そして「Beansやりたいな。」と

いつも言う。

「この間、トップスで6人でやった時

Beansの方が、上手くなってると思ったよ。

落ち着いてるし。」

すると、昇太さんが

「次やる時はオレも入れて下さい。」

嬉しいじゃあ~りませんか!

早く、実現させたいなぁ~。

そうそう、この公演も今月までですが

大阪・新歌舞伎座で5月27日まで上演している

「その男」

ラサールさんが演出しております。

主演は上川隆也さん。

Beansの福島まり子さんも出てますが、

この舞台も実に素晴らしかった!

こちらは、最後の最後に

グッときて、涙がでます・・・・・・・


いい舞台を見た後は気持ちがいい。

そんな舞台を作っていきたいなぁ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 19, 2009

きんの、来週も観てね~

わ~shocksweat02
とんとご無沙汰してしまい、すみません…sadsweat01
うかうか(?)しないよう、気をつけますrunsweat01

さて、かんちゃんも書いてましたが。

『桑田佳祐の音楽寅さん』、観ていただけたでしょうかeye

「フォーク軒」での音楽コント。
チラチラと、見慣れた顔がちりばめられてましたね。

もう、放送したので、UPしますが、
私、こんな格好してました。

Heidi_2

ハイジ…風味。

ごめんなさいね~bearing

衣裳よりも、白いハイソックスを履いたことに、
申し訳なさを感じました。

でも、この仕事は、いろんな衣裳を着られるから楽しいわぁ~
30代最後の、いい想い出だわっ

来週はもうちょい、見つけやすいかもsign02
覚えてたら、探してみてくださいね~

| | Comments (6)

May 17, 2009

桑田佳祐の音楽寅さん。・・・・・・・・・かん。

今週、18日の月曜日と来週25日の月曜日、

23時からフジテレビで放送の

「音楽寅さん」

見てね。

私が踊ってるわ。

若干ね。

SETのメンバーが10人くらい出てるから

探してちょーだい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 15, 2009

母の日・・・・・・・・・・・かん。

私には、母と呼ぶ人が、あと2人いる。

1人は、世田谷に住んでいた頃の大家さん。

もう1人は、以前バイトしていた定食屋のママさん。

母の日に、それぞれ、感謝の品を贈呈した。


すると、定食屋のママさんから、電話。

「梅干し、ありがとう!美味しかったよ~!」

私はお気に入りの梅干しを送ったのだ。

「あれ、美味しかったでしょ~!

ネットで、買えるから、今度注文してみて!」

電話で話すのはちょっと久しぶりだった。


ここのママさんには、何年お世話になったことか。

私は感謝しきれない。


芝居の稽古が始まると、当然バイトに行かれなくなる。

普通はクビになるところを、いつでもいつまでも待っててくれるのだ。

定食屋だから、当然、ご飯はいっぱい食べさせてくれる。

揚げ物、天ぷら、焼き魚、モツ煮込み、うどん、そば。

何を、食べても怒られない。

っていうか食べないと怒られた。


懐が広くて深いママさんだ。


「最近も、皆さん、お変わりないですか~?」

「う~ん、それがね、この間、愛犬が死んじゃったのよ。」

15年も連れ添った愛犬だった。

もう完全に家族である。


「まるちゃんと同じように、二週間、家で看病した。

犬と一緒にして申し訳ない、ごめんね。」

「いやいや、同じことですよ。

15年も一緒にいたら、家族と一緒。」

「まるちゃんの気持ちが、やっとわかったよ。

あの時はわからなかったけど、同じように、家で看病してみてわかった。」


人は同じ体験をしてみなければ、

やはり、他人の気持ちはわからない。

それは当然のことなのだ。

私は、ママさんの言葉が嬉しかった。

この人はなんて、素直な人なんだと。


「看病は大変かと最初は思うけど、

全然、苦じゃなかったでしょ?」

「そうなのよ。

もう、全然、やり足りなかった。」


愛する者の為なら、いくらでも無償の愛を注げるのが

人間の凄いところ。


「でも、昼間はお店やってて、結構気分転換にも

なったでしょ?」

「そうそう、そうなの。

あれがいいのね。」

私も、稽古している時は全てを忘れて没頭できた。

まだまだ、ママさんは寂しさが消えないそう。

そりゃそうだ。

弟のワンちゃんも、しょっちゅう、お兄ちゃんを探している仕草をするらしい・・・・・・・


「ママさん、ゆっくりゆっくり時間かかっていいんですよ。

無理に前向きにならなくたって。」


私が、回りの人に言ってもらって一番安心した言葉。

どうしても、

”早く元気にならなきゃ!”

と思ってしまうけど、

心が追い付いていかないのだ。

だったら、そのまま垂れ流しにしておけばいい。

ゆらゆらと、流されるまま流されて

いつか帰ってくるであろう自分をのんびり待てばいい。


私も、どこまで立ち直っているのやら?

一生、心の片隅で立ち直れていない自分と

向き合いながら生きていくんじゃないかと思っている。

それは、多かれ少なかれ、皆、持っているものじゃないかと。

それが、その者を愛した証なのだから。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 07, 2009

やっぱGWはどっか行かないと・・・・・・・・・かん。

ホントに、遊んでばっかりいて、バカになりそうです・・・・・・・


さて、過ぎ去ったGW。

どっか行った?

私は、土曜日は近所の焼き鳥屋で飲み。

日曜日は、スパに行き、上町のサイゴンで飲み。

月曜日は、谷中・根津・千駄木・浅草ツアーで

最後はアサヒビールのうんこのビルで飲み。

火曜日は、日帰りバスツアーで那須塩原へ。

もう、遊びまくりさ。

これに全部参加してるのが

まぶだちカナティ。

アタシもヒマだけど、奴もヒマだよね~!

でも、ありがたいお友達。

私もさ、酒も飲まないのに、よくまぁ年中酒の席にいるもんだ。

で、カナティは当然、酒をガンガンに飲む。

3日間飲みまくって、4日目のバスツアーはさすがに

元気を失ってた。


いつも朝からうるさいカナティが、朝から静か。

「私、もう少し具合悪かったら、今日やめてた・・・・・」

バスの中では「ちょっと、寝る・・・・」

と、本当に、お通夜みたいに静か。


さて、バスはまず、”いちご狩り”へ。

カップを持って、好きなだけ食べて良し!

私は「1個、2個、3個・・・・・・・・」と

数えながら食べた。

意外と食べれないもんで、私は30個。

体調不良のカナティは20個。

意外と食えてる・・・・・・・


さて、次はまたバスに揺られ、昼食。

ローストビーフご膳。

なかなか美味しかった!

体調不良のカナティは、結構食ってた・・・・・・


時間があるので、お土産売り場をウロウロ。

試食のチーズケーキをパクッ。

体調不良のカナティもパクッ。


さて次は、那須アウトレットパーク。

いよいよ本丸のお買いもの。

女子はやっぱりお買い物が好きheart01

集合時間まで、各々散った。

2時間なんてあっという間。

私達が個人で行くと、一日中ウロウロしても

時間が足りないのに・・・・・・・


さて、次は “御用邸チーズケーキ食べ放題”の会場へ。

御用邸だよ。

御用邸。

誰の、御用邸なんだい?

わからぬまま、会場へ・・・・・・・

しかし、会場が、なんだか会議室みたいで。

会話がちっともはずみゃしない。

暗~い食べ放題。

普通、スウィーツの食べ放題なんて言ったら

お花畑みたいに、女子がキャーキャーはしゃぎながら

食べるもんだよ。

見渡すと、皆、会話してない・・・・・・・・・

ま、御用邸ですから、お上品にね、食べろってことかな・・・・・・

だから、誰の御用邸か教えて。

食べ放題なのに、おかわりせず終わった。

体調不良のカナティもおかわりしてなかった。


さて、後は帰るだけ。

ツアーの皆も疲れが出て、熟睡モード。

しかし、長い道のり、時々はトイレ休憩を入れないと。

てなことで、ちょいちょいサービスエリアに止まる。

すると、皆、わずかな時間なのに

帰ってくる時に必ず

肉まんとか、アメリカンドックとか、持ってバスに乗り込む。

体調不良のカナティまでもが、

宇都宮ギョーザをわざわざ並んで買ってきた。

「あ~、なんか、だんだん体調が良くなってきたわよ!」

「いや、もう良くならなくていいよ。

もう、帰るだけなんだから。」

「ギョーザ食べる?」

「食べる。」

そして、バスが走り始めるとまた、寝る。

そして、バスが止まると、また食う。


食うか、寝るか、どっちか。


人間とは面白いものですね。

バスは、乗ってれば連れてってくれる。

だから、私達は本能のおもむくままに

してりゃあいい。

そうなると食うか寝るか、なんだね。


新宿で、カナティが降りて

私は横浜まで、乗って行った。

なんだか、色んな物を食べたせいか、

高速がカーブが多かったせいか

乗り物酔いしてしまった。

久しぶりに、すげー気持ち悪い・・・・・・・・・


子供の頃を思い出す。

私は乗り物酔いがひどくて

なんでもかんでも酔っていた。

果ては、タクシーを見ただけで酔っていた。

想像妊娠ならぬ、

想像酔い。

その時に、乗り物酔いを軽くする術を

私は開発したのだった。

それは、

”爽やかな食べ物を想像すること” 


爽やかなら何でもいいのだが、

私が色々試してみて、一番効果が上がったのは、

”水滴のついた、みずみずしいイチゴ”

を想像することだった。

私は、それを思い出し、横浜駅まで

みずみずしいイチゴのことばっかり考えた。

イチゴもこんなに思われて、本望だろうよ・・・・・・

結構辛い思いしたのに、家に帰って

お風呂に入ったら、ケロッと治った。

ま、アラフォーにもなると、これぐらいは

図太くなるもんなのね・・・・・・・・・・


旅はやはり、楽し。

私は、旅へ行くと今だに、

”写るんです”を使って撮っている。

色んなレクレーション写真がこの中に入っているのだ。

現像が楽しみだけど、まだ撮りきってない。

今度は、どこで撮ろうかな・・・・・・・・・


| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 02, 2009

いざ、青森へ!・・・・・・・・・・かん。

「24日位には桜も咲きそうですよ。29日は仲間で花見です。参加します?」

青森から、参加募集のメール。

いよいよお誘いが全国規模になってきたぞ!

よ~し!行ってみよう!

ということで、お馴染みのカナティとヨッシーに声を掛けて

いざ、青森へ!!


誘って下さったのは

かつてのSETの稽古場をデザインして下さった作見さん。

以前は東京でお仕事をされていたが

8年ほど前に青森へ戻られた。

こちらでまだまだお仕事をやってらっしゃるので

青森でお家を建てる際には

是非、作見建築工房へお願いします。

かなりの凄腕ですから!


青森空港に着くと

到着ロビーに作見さんご夫妻の姿。

遠い所に来た時の、友人の出迎えって

なんで、あんなに嬉しいんだろうね。

特に空港は、会えた時にじ~んとする。


さっそく弘前公園へ。

弘前公園の桜はJRのポスターになるほど凄い。

という知識はあったが、

ありゃ、本当に凄いわ。

10年分ぐらいの桜を見たって感じ。

見渡す限り、桜桜桜祭り。

めでたくて、バカになりそうだったね~!

桜の下で、おでんを食べた。

こちらのおでんは、”しょうがみそ” を付けて

食べるんだそうな。

なるほど旨かった!


それから、お土産屋さんで旨いものを買いまくり、

陸奥湾を眺め、

青森に戻って、宿へ。

移動の車中は3人共、爆睡。

作見さんご夫妻も、やっと車中が静かになって

落ち着いたことでしょう・・・・・・・・・


夕食まで、時間があったので

タクシーで”極楽湯”へ行くことにした。

そうそう、宿泊はビジネスホテルだからね。

”極楽湯”で極楽気分だったんだけど

帰りのタクシーがつかまらず、危うく地獄を見るところで

タクシーゲット!


夜は津軽三味線と民謡の生演奏を

聴きながら、海の幸をたらふく。

最終的には、良田さんが、踊ってたなぁ・・・・・・・

こうして一日目は、大きな事件も小さな事件もなく過ぎていった。


そして、二日目。

まずは、お迎えの時間まで、近所のコンビニを探検。

どうやらこちらでは、

食パンにカステラと小倉あんとマーガリンを挟んだものが

ブームらしく、物凄く積んであった。

これだから、違う土地のコンビニは面白い。


さて、作見夫妻のお迎えで、まずは

市場へ。

お魚、ホタテ天国~!

試食で、お腹いっぱいになりそうだった・・・・・・・・

ほっけ、ホタテかまぼこ、銀だら、紅しゃけ、とば、昆布、

皆、色々買った。


続きましては、浅虫温泉へ。

こんないいお天気に、ほとんど人がいない海岸沿い。

皆、どこへ行ってしまったのか・・・・・・・

桜見に行ってんだな。

そんなのどかな海岸を歩いて、「浅虫観光ホテル」へ。

昼間から、海を前に露天に入るなんぞ

なんて、幸せ。

思わず歌う 

♪津軽海峡冬景色~♪


体もホカホカになり、いよいよ今回の

メインイベント ”ザ・花見”

朝6時に毎年、合浦公園に場所取りをしているそうな。

行ってみると、何人か、お弁当を前にシートに座っていた。

作見さんの同級生なので、50代のおっさん達。

え~と、ちょっと旦那さん候補になる方は

残念ながら、皆無。

ってか、皆さん、既婚者ですからね・・・・・・・・・


さて、宴会がなんとなく始まったはいいが、

人数の割には、シートがデカイ。

向いのおっさんと話すには、やけに遠い。

なんで、こんなに広くしてんのか?

と思っていたら、やっぱり最後は

シート半分に全員が座っていた。

来年からは広く取ってもいいけど、固まろう!

な。


同級生の皆さん達は

楽しくて、陽気な人ばかり。

料理上手な人もいたりして

イベントが大好きらしい。

東京から戻ってきて、

この友達に、とても助けられたと作見さんは言う。

やっぱり友達は、財産だね。

心がホッと温かくなった。

しかし、青森の夕方は寒い!!

6時になり、さすがに耐えられなくなったので、

お開きになった。


最後は、作見さんのお宅へおじゃま。

愛犬ラッキーに、おやつをいっぱい食べさせて

お母さまの、たてたお抹茶をいただき、

帰京した。

完璧な青森花見ツアーcherryblossom

現地添乗員さんのおかげだね。

今となっては、トラブルが恋しい感じもするなぁ・・・・・・・・・・・・

旅の写真は、良田麻美のブログを見てみて~!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »