« June 2009 | Main | August 2009 »

July 29, 2009

靴ずれしない夏・・・・・・・・・かん。

そんな素敵な夏は来ないもんかね。

この時期、女子は本当に苦労する。

お財布や、手帳に絆創膏を二枚ほど常備したりして。

なんたって、可愛いサンダル履きたいじゃないか。

しかし、素足にサンダルはビックリするぐらい、皮膚にダメージ。


思えば、何千歩という数を歩いてるわけで

その数だけ、擦れるわけだ。

ましてや、一年の大半は靴下を履いてカバーされてるのに

夏だけは、いきなり裸足で、

同じとこばっかり、スリスリされるのよ。

スリスリスリスリ、スリスリスリスリ。

あ、スリスリスリスリ。


で、よく見かけるのが

踵の上とか、足の甲とか、小指とかに絆創膏貼ってるのね。

あと、彼氏に待っててもらって、道端で絆創膏貼ってるのね。

あれは残念なお知らせね~。

おしゃれに我慢は付き物じゃない?

私、絆創膏だけは、手を出さないようにしてるのよ。

踵の上で白旗振ってるみたいなもんよ。


で、昨日。

まぁ~、ご立派な靴ずれが左右に出現したのよ。

悔しかったわ~。

どう歩いても、もう痛くてさ。

途中で靴買ったろか~、と思ったんだけど

それはそれで、真剣に靴選んじゃうから、

決まらないわ、余計歩くわで、かえってマイナス・・・・・・・

そうすっと、

結局我慢しながら、痛くない歩き方を色々考案し始めるんだな。

急に早足になってみたり、内股歩きしてみたり

お能のように、擦り足してみたり

完全におかしな人。

でも、絆創膏にだけは逃げないアタイ。

お財布に入ってるんだけど、あえて使わないアタイ。

「全くっ!」とか、一人で怒りながら、歩いてたわ。

足の皮が復活するまでは

気の抜けたサンダルだなぁ・・・・・・・

しばらくは、やる気なし女。

女子力ダウンです。

女子会やろっと・・・・・・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 27, 2009

きんの、ギリギリですが…

先日、告知させていただいたライブ。

気づけば、今日、本番ですが…coldsweats02
なんだかおもしろいライブになりそうですよ~

そんなわけで、ステキなゲストの方々を
ちょびっとご紹介shine

まずは、あっちゅこと、稲葉貴子さん

Achu

もちろんflair太陽とシスコムーンのヒット曲を歌ってくれます
めっちゃ元気が出る、恋の歌よ~heart02
若い頃の恋って、こうだったわよね~と、
ノスタルジックになりますわよ、奥さんdash

次に、ディーバ・入絵加奈子さん

Kanako

(となりの強面の人は、お気になさらないで…)
繊細、かつ、パワフルな歌声に、毎回圧倒されますが、
今回は…更に輪をかけてすごいhappy02
全くタイプの違う2曲を歌ってくれます。
おもしろトークも健在です。

そして、PaniCrew・山本崇史くん

Tkc

去年、歌詞を間違え、それはそれはへこんでいた彼。
リベンジにやってきますが、果たして今年は…?
ちなみに、今回のリハでは、完璧に歌えました。
その調子で、いけるのか?!いけないのか?!
結末はその目で見届けて下さい

最後に、声優さんコーナー

Seiyu

左から、矢島晶子さん、高乃麗さん、田中真弓さん
このコーナー、かなりレアです。
アニメファンには間違いなくたまりませんが、
アニメファンじゃない人も、思わずテンション上がっちゃいます。
一度は必ず聞いたことがある声が、
それはそれはたくさん聞けますからね~
みなまで言えないのが残念…
でも、これだけは言える…面白いですっhappy02
もう、観たモン勝ちよっfuji

まさに、夏の夜の夢になりそうな、
バラエティに富んだライブですnotes

今、会社でコレを読んでるあなた。
まだ間に合いますわよ~
六本木で一緒に盛り上がりましょっclover

| | Comments (0)

July 20, 2009

きんの、夏恒例の告知!

3連休も今日で終わりfoot
一足早い夏休みは、楽しめましたかt-shirt

さて、ここ数年の夏の恒例行事となった、
水木プロデュースライブkaraoke

今年もやります~
オープニングで弾けます~impact
ガンガンハモります~(コーラス担当)notes
劇中歌、歌います~

毎年、いろんなジャンルの方々が出演しますが、
今年の売り(?)は、声優さんコーナーsign03

アニメ見てなくても、マネ出来る程のインパクト、
『クレヨンしんちゃん』のしんちゃん、
矢島晶子さんや、

ハマって観てた海外ドラマ、『グレイズアナトミー』で、
ちょっと怖い女性外科医・ベイリーの声、
高乃麗さん、

そして、マンガbook持ってますdash
『ワンピース』のルフィ(キャーッhappy02
田中真弓さん

かなり私目線の解説ですが、
声優界で、それはそれは幅広く活躍されている方々です。

一体、どんなライブになるのか…?

他にも…

今年復活した、
太陽とシスコムーンの稲葉貴子さんや、

おもろいJAZZを歌いながら、すごいマジックを展開する、
ナポレオンズのボナ植木さん、

『ミス・サイゴン』『レ・ミゼラブル』の入絵加奈子さん

去年、持ち歌で歌詞を忘れ、リベンジにやってくる、
PaniCrewの山本崇史くん

などなどlovely

いやはや、どんなライブになるのか…?

是非、見届けにいらしてくださぁ~いrun

Flyer_09_live6_sc

水木英昭プロデュース LIVE Vol.7
『サマーカーニバル3』

○日時:7月27日(月)
Door Open:18:00 
Show Start:19:30

○会場:六本木スイートベイジル(STB139)
東京都港区六本木6-7-11 
TEL. 03-5474-1395

○TICKET:¥5,250(整理番号付チケット)
※お飲物・お食事は別料金になります。

○詳細は水木プロデュース・ホームページまで
http://www.mizu-pro.com/index.html

| | Comments (2)

July 16, 2009

暑いね~。・・・・・・・・・かん。

私は、扇風機派。

扇風機で行けるとこまで行こうと思ってさ。

一日中扇風機回しっぱなしなんだけどさ。

凄いんだよ。

外のが涼しいの。

びっくりした。

おかげで、出掛けても楽チン。

「あら~涼しい~!」てな感じ。


家でヨガをやると、ホットヨガ。

終わったらTシャツ替えないと、風邪ひいちゃう。

汗をかいて、体温を調節する。

原始的だね。

私は原始的人間。


しかし、紫外線は別もの。

これはなんとかしたい。

部屋にいても日光がふりそそぐ。

昼寝する時は顔に新聞乗っけたりしてさ・・・・・・・・・


あ~今も汗だらだらです・・・・・・

とりあえず、少しぼぉ~っとしてますね。


あら~?私ヤバイかしら~?


| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 11, 2009

きんの、写真で綴る笑六沖縄ロケ

BSフジで放送中の『笑学六年生』に、
新企画が誕生しました。

スタジオを飛び出し、こうなったら小学校に行って、
授業をやっちゃえ~run
という、出前タイツマンズ企画。

その第1回目が、な、なんとsign03沖縄~sun

キャーッhappy02happy02happy02
キャーッcryingcryingcrying

のっけから沖縄よっdash
テンション上がるわよup

前日から沖縄入りして、地の食材を、それはそれは堪能し、
翌朝からロケ開始~movie

ファーストカットは、もちろん海wave
既に梅雨明けしてる沖縄は、夏真っ盛りsun

さっそくタイツマンズに変身~
着替えるところがなくても、へっちゃらgood
島と夏は、人間を解放的にしてくれるのです。
それに…

Surfer

ほら、サーファーのカップルみたいでしょ。
湘南でよくある光景よね。

砂浜での撮影開始。
予想していた通り、暑いsweat01sweat01
でも、夏女の私は、ちっとも苦にならなぁ~いhappy02
今回は、リーダー、カナティ、麻美と私の4人で出前です。

Ocean

そして私たちを招待してくださった、沖縄市の泡瀬小学校へrvcar

校長室へいったり、授業中の音楽室へ乱入したり…
生徒さんたちに見つからないよう、こそこそ校内を歩き回りました。

本番は体育館で5時間目に決行~punch
六年生全員、136人の前で、汗だくになりながら
国語・算数・理科・社会pencil
みっちりお勉強してきたわよ~

泡瀬小の六年生は、とても元気がよく、良い子たち。
もちろん冷房なんてない、蒸し暑い体育館の中で、
お行儀よく、時には元気に発言・参加してくれました。
こういうの、本当に嬉しいのよね~crying

最後には、担任の先生たちもタイツを着て、
地図記号をつくる、タイツマークのコーナーに挑戦してくれました。
これにはみんな、大喜びhappy01

授業も終わり、みんなで大記念撮影~camera

並んでいる時に、男子生徒がリーダーに寄っていって、
ちょっかいを出し始めました。
すかさずちょっかいをやり返す、リーダー。
そこからちょっとした、プロレス大会に…

リーダーが、男の子のジャージを下げると、
生徒たちが群がって、リーダーに仕返しする。
うちのリーダー、じゃれだしたら止まりません。
相手が子供でも、決して引き下がりません。

しまいには「変態~」と言われていました。
最高の褒め言葉です。

かたや女子は、お尻を触るのが流行ってるらしく、
いきなりペロンとお尻を触られたので、
もちろん、触り返してやりました。
やっぱり、スキンシップは大事よね。

そんなひと暴れの後、やっと、記念撮影

Shugo

最後に、私たちを呼んでくださった、
ノリが良すぎる横田先生はじめ、「担任タイツマンズ」とパチリcamera

Teacher

ノリのいい先生って、不可欠よね~

任務を無事果たした後は、
プロデューサーさんの計らいで、サンセットビーチ近くの温泉へspa
労働の汗を洗い流しました。

ここが最高に気持ちよかった~
お風呂を出ると、待合所に、あの、ドクターフィッシュがfish
足の角質を食べてくれるという、けなげなお魚ちゃんです。

カナティと一緒に足を入れると…(左:カナティ・右:私)

Drfish

見事にカナティの足へ群がる…
これ以上のコメントは、怒られるので控えます。

いつもそうなのですが、
地元の人と触れ合えるロケは、
元気をもらって帰ってきますheart04
本当に楽しいロケでした。

泡瀬小のみなさん、ありがとうございましたshine

放送日はまだ未定ですが、
是非、観てくださいね~eye

| | Comments (0)

July 08, 2009

学校の授業で・・・・・・・・・・・かん。

先日、近所の中学校から女子生徒が3人、

ウチへ来た。

なんでも、授業の一環で、

”職業について知ろう”

みたいなことらしい。

事前に先生から連絡があり、本人達も数日前に挨拶しに来た。


私は「何を聞かれるんだろう?」と朝からちょっとウキウキ。

だって、私、インタビューされちゃうのよ。

しかも、将来を夢見る可愛い中学生ですよ。

もう、キラキラ輝いてるわけですよ。

そんな未来を担う子供達に、お姉さんはどんなトークをしたらいいのか?

と、ウキウキワクワクだったのさ・・・・・・・


午後1時を過ぎた頃、3人はやってきた。

「あら、いらっしゃい。今日はよろしくお願いします。」

「よろしくお願いします。」

「よかったら、座る?」

「いや、大丈夫です。」

「あ、そう・・・・・・・

皆さん、名前は何ていうの?」


のっけから、私が完全に仕切っている。


一通り私が聞いた後、いよいよ始まった。

「なぜ、この仕事をやるようになったんですか?」

「そうね~、なぜか~。

この店はね、元々私のお婆ちゃんの時代からやってたんだけど・・・・

って、ちょっと待って。

あんたたち、ノートとかに書かないの?」

「はい。」

「え?覚えてられんの?」

「はい。」

「あ・・・・・そう・・・・・」


なんとなく、雲行きがあやしくなってきた。


「私は本当は別の仕事が本業なんだけどね・・・・・」

と、間に、気になる言葉を入れてみた。

これは、きっと聞いてくるだろう。

「その仕事は何ですか?」ってな。


そして、中学生がしゃべった。


「お店をやってて、嬉しいことは何ですか?」


あれ?スルーした?

今、きれいにスルーしたの?


「やっぱり、沢山、売れた時だね。

あと、お客さんとしゃべってる時かな。」


そう言えば中学生は

来た時から、3人で小さい三角形を作って立ったまま

微動だにしていない。

そして顔に表情がない。

ま、ちょっと笑うけど、基本的にツタンカーメンである。


それからまた、プリントを見ながら

「大変なことはなんですか?」

「気をつけていることはなんですか?」

と聞いてきた。


三体のツタンカーメンがこっちを見て

聞いてんだか聞こえてないんだか、

聞いてるんだけど、何を考えているのか

全くわからない感じで、三角形を作って立っている。


以上でプリントに書いてある質問は終わったらしく

あとは、自由に聞いていいらしい。

三体がやっと、ザワついてきた。

お、いいぞいいぞ、生き返ったのか?

私は嬉しくなって

「何でも、聞いてhappy01

人生相談、恋愛相談、何でも受け付けるわよ。」

「はははは・・・・・」

三体が笑った。

生きている!

三体は生きている~!!

三体はまだプリントを見て、ちょっともじもじしている。

さぁ、こっからがディープな時間になるわね~。

「今日はどうもありがとうございました。」

「何!? 終わり!? もう終わっていいの!?

てかさ、その挨拶までプリント見て読んでんじゃねーよ!」


三体はやっぱりツタンカーメンだった・・・・・・


そして、一体がこっちに歩いてきて封筒を差し出した。

金か?金なのか?


「あの~これ、アンケートなので書いて下さい。

今度取りに来ます。」

アンケートかよ!

「はい、わかりました。

今日は御苦労さまでした。」


三体は帰って行った。


10分で終わった。


ま、こんなもんかな・・・・・・・・


思えば、大人になってからわかることは沢山あって

あの頃はわけがわからなかったことはいっぱいあった。

日光とか、今行った方が全然楽しめる。

小学生の頃は東照宮の前で、ぼぉ~と口開けてただけだもんな。

勉強も、今になって学ぶ楽しさを知ったくらいだから。

奴らがツタンカーメンになるのも、無理はねえ。

だから彼女達が大人になった時、

ふと、思い出してくれればいい。

この店で、聞いたお姉さんの話。

思い出すわけねーな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2009

タイツマンズを見てきました・・・・・・・・・かん。

今年の夏のタイツは老人達は出ないんだよ。

今回は若さみなぎる、ヤングヤングでお送りしておりました。


意外と劇場がキレイでまずビックリ。

そして、いつもはオムニバスのタイツが今回は一本話、2時間。

ありゃハードだわ。

老人にはできねーかもしれねえ。

という意味では、リーダーの赤堀さんは立派だったなぁ。

本当に、お疲れさまでした。


さて、終演後、いつものようにタダでは帰らない。

カナティとマネージャーの湊さんと、近所の焼き鳥屋へ直行。

すると、わらわらとやってきたのが

まず、衣裳の水野さん。

お久しぶり。

そして、マネージャーの林君。

今回のヒロイン、良田さんと、どうでもいい大竹。

やんや、やんやと皆で一斉にしゃべって、人の話を聞いてない人達。

久々に会うと嬉しいんだろうね。

だからしゃべりたくなっちゃうのね。

久々に身内仲間で飲むウーロン茶は格別でござんした。

で、どうでもいい大竹が

「青物横丁に、占いをしてくれる飲み屋があるんですよ。

それがすごく当たるって評判で、僕、行ってみたんです。。

「へぇ~。 で、どうだったの?」

「仕事運は、大丈夫だって言われました!!」

「うわ、凄いじゃん!良かったね~。」

「で、その占いのおばさんが、富士山の絵を描いたんですよ。

で、君は今ココ、って印つけて。」

「ふむふむ。」

「七合目だよ、って。」

「へえ~。

ってちょっと待って。

あんたは、この仕事で成功するのに、今すでに七合目?

ヤバくねえ?」

「そうなんですよ~!!」

「せめて、三、四合目って言って欲しいよねえ?」

「そうなんですよ、あと、三合しかないんですよ~!!」

「少ね~。」


でもね、大竹君。

君は、いい役者さんになるかもしれないよ。

または、

結構いい大人になるような気がしているよ。

残りの三合が、登り甲斐のある道のりなんじゃないかなぁ。


焼き鳥屋さんのお料理はどれも美味しくて

皆、ペロリとたいらげた。

あ~、楽しい夜だった。

楽しいのが一番です!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 02, 2009

色々あった日。・・・・・・・・・・かん。

昨日は、劇団を退団した後輩と久しぶりに電話でしゃべった。

私がヨガを勉強していることをブログで読んで

電話をくれたのだ。

彼女は今、ヨガの先生として立派にお仕事している。


めでたいことに、今秋には結婚も決まっていて

先ずは、旦那のことを根掘り葉掘り聞いてみた。


「人の人生って、変わっていくもんだね・・・・・・・」

「そうですね。私も彼氏とか結婚とかは

いいかなと思ってたんです。

1人で強く生きていこうと思ってたところに

出会ったんです。」


そう思ってて出会えるなら、私も今日から

1人で強く生きていこうと

強く!強く!

思っちゃおうかなぁ・・・・・・・・


「なんか、出会った時から、家族みたいな感覚だったんですよ。」

「それはもう、運命だね。引き合わせたんだよ。」

「そうですかね~。」


とりあえず今、どっかから引っ張られるような感覚は私にはない・・・・・・・


それから、だんだんとヨガの話になり

「昔、楽屋でヨガやってたじゃん?

今考えると、あれは酷いデタラメやってたね~!」

「あはははは!そうですね!」

「あれは、体に悪いな。」

「あはははは!」


「でも、ヨガやってたから、私、丸山さんに電話しようと思ったんですよ。

ヨガが引き合わせたんですよ。」

「そうか~。

私ね、あなたはヨガにむいてるんじゃないかと、前から思ってたのよ。」


ヨガはスポーツとは違う。

心に深く繋がる、自分探しの旅のようなもの。

じっくりとどっしりと集中する様が、彼女には合っているような気がしていたのだ。


「丸山さん、今度一緒にレッスンを受けに行きませんか?

インド人の方が教えて下さるんです。」

「うわ~!それは凄いね!行こう行こう!」


私は電話を切った後もなんだか心が、ワクワクしていた。

こんなにワクワクして嬉しい気持ちは、近頃では珍しい。

私はとってもルンルンした。

花の子ルンルンしながら、夕方、友人と食事をするため

地下鉄に乗った。

ルンルルンルル~ン♪

すると、ルンルンした私の前で、男の人がぶっ倒れた。


なんだか、ちょっと前から様子はおかしかったのだが

いよいよ倒れたのだ!


ちょうど、駅について扉が開いたので

私は降りて、駅員さんを探した。

しかし、見当たらない。

このままでは、彼は車内で倒れたまま扉が閉まり発車してしまう。

むやみに身体を動かしていいものかも、わからなかったので

とりあえず、扉が閉まらないように、ホームと扉の真ん中に立ち

前方後方の車掌さんに見えるように大きく手を振り続けた。


すると、

「この電車は無人なんです。今、駅員さんを呼びに行ってくれてます!」

と女性。

「あ、そうですか。ありがとうございます!」


電車は止まったまま、間もなくして、駅員さんが来て

男性をホームに降ろすことにした。

そこで、手を貸そうと寄ってきたのもまたまた女性二人。

そして、地下鉄は発車した。


私の他に、目の前で倒れたのを見たのは

おじさんと若い男の子だった。

しかし、奴らは一つも手を差し伸べてこなかった。

走りもしなけりゃ、どうにかしようとも

見受けられなかった。

全く、糞の役にも立ちゃしねえ。

肝っ玉の小せえ男どもだ。

奴らはそのまま、電車に乗って行ってしまった・・・・・・・・


しかし、ホームに降ろしてからすぐに

頼れる男性もいるもので

「救急車呼びましたか?」

と電話してくれた。

そして、もう一人の男性もカバンを体から

外したり介護してくれた。

二人の女性は脈を見たりしている。


しばらくして、倒れている男性が意識を取り戻した。

駅員さんが、本人の自宅に連絡したところ

どうやら、テンカンの持病があったらしい。

救急隊もやってきて、一先ず事は治まった。

「どうも、お疲れ様でした。」

見ず知らずの方々と挨拶をして

皆、三々五々自分の帰る方向へ散って行った。


私は次の電車に乗るため、一緒だった二人の女性と

ホームで待った。


「お二人は看護師さんですか?

脈を見てたり、手際が良かったから・・・・・・」

「いえ、老人介護の仕事をしてるんです。」

「ああ、なるほど。」

「何か、医療関係の方ですか?」

「私?全く関係ないんですよ~。」

「そうですか~。でも、凄い落ち着いてらしたから。」

「いえいえ・・・・・・

ま、これも一つの人生経験として、心に留めておきましょうね~。」

「あははは。面白いこと言いますね。」

それもこれも、生の舞台とヨガと商売をやってるおかげではないかと

思った。

何かが、繋がっている。

何かが、役に立っている。

それぞれの延長線上の交わった所に私がいて、今がある。

自画自賛だけど、私が私でよかったと思った瞬間だった・・・・・・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »