« September 2011 | Main | November 2011 »

October 29, 2011

きんの、そうなんです。

今週から、はじまってます。

番外公演のお稽古。
タイツマンズチーム、始動ですrun

演目は、今年やった、『Do カンタービレ』
音楽室のお話ですnote

1、2日目は歌の稽古と振り付け。

3日目、歌とダンスで
頭から煙がプスプス出ている新メンバーを
さらに追い込む、芝居のお稽古dash

通常なら、お芝居の稽古の一番最初は、
まず、台本を読みます。

が、タイツマンズは、んなもんやりません。

いきなり、立ち稽古。

新メンバーは当然、びっくりcoldsweats02

みんなが
「え~。本読みやろうよ~」

と言っても、ぼりさんは
「だって、この芝居、動かないから」

あ、確かにflair
立ちながら本読みしてるようなもんです。

なので、当然のごとく、立ち稽古。

同じ役を、違う人がやる時の、ワクワク感。
これがまた、楽しいup
タイツマンズはある意味、
キャラクター勝負みたいなところがあるので、
それぞれキャラを作って、アプローチ。

どんなキャラが飛び出すか…?
乞うご期待sign01

そして、この話の、最大の盛り上がりである、

「ものまね罰ゲーム大会~」 bomb

早速、やってみたところ、
いやいや、似てなさ過ぎて、大爆笑happy02
特に、Tさん。(名誉の為に名前は伏せます)
本人は自信満々でしたが、
ほとんど、田上さ…Tさんのまんまでした。

これからの稽古で、
どんなネタが生まれるのか…?
乞うご期待sign03

春とは違う、新生・『Do カンタービレ』
おたのしみに~happy02

Tightsmans_2


| | Comments (2)

October 25, 2011

タイツマンズ稽古開始!!・・・・・・かん(丸山優子)

いよいよ、開始しましたよ~!

今度の本公演に向けて、タイツマンズも

頑張ります!


いつ以来でしょうか?

タイツマンズが全員劇団員で構成されてるのって。

なんかね、”我が家”

って感じ。

ゲストさんが入ると、心地よい緊張感や刺激があって

それはそれでとてもいい作用があるのですが。

この長年知った劇団員との稽古は

なんだか、奥深くにある愛情を感じます。

まさに、家族のような。ね。


お姉さんが汗だくで、振り付けを覚え

一生懸命踊っている姿を可愛いなぁと思い。

後輩が稽古初日から

声を枯らせてくるのをバカだなぁ~と思い。

体格のいい後輩女子と、振り付けですれ違った時に

「すげー風圧だな!」と笑いながら言える。


ずけずけと言っていい仲であり

そこまで言わなくてもわかってもらえる仲である。


今回のタイツマンズ、いつもと違うタイツマンズ。

でも、なんだか馴染み深いタイツマンズ。


乞うご期待です!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 22, 2011

散策・・・・・・・かん(丸山優子)

最近は気候が爽やかなので、散策しております。

ちょっと前に明治神宮へ行ってみました。

いや~、素晴らしかった!!


高校生の初詣以来だから、かなり久しぶり。

高校生の時は、デートですよ、デート。

初詣デートheart04

参道が、お参りする人達でごった返してて

離れないように手を繋ごうかどうしようかと

迷っていたような・・・・・・・

で、結局繋いだかどうか、あんまり覚えてなくてsweat02

覚えているのは、彼の靴下と靴が汚くて

「ゲー、汚い・・・・・やだ・・・こんな人。」と

幻滅したことsweat02

女子校育ちの私は、男子の免疫がなかったせいか

そういうことが、「しょうがないなぁ・・・」と

思えなかったんでしょうね~。

その後、1、2回デートしましたがなんだか話もたいして弾まずsweat02

「代々木公園を歩こうよ。」

と、提案しても

「疲れた・・・」と言われ却下sweat02

「ちぇっ、つまんねー男。」とがっかりして

あっという間に自然消滅してしまいましたsweat02

チーン。

そもそも、なんで付き合うことになったかっていうとね

彼が男子校の学園祭でバンドやってて

ギターを弾いてるお姿に私が惚れてしまったのが

始まりlovely

でもステージと、プライベートって違うのね。


夢見てちゃいけないのよ。

現実を見なきゃ。

今だったら、あの頃より大人になってるから

靴下とか靴が汚かったら・・・・・・


やっぱりやだね。

大人なら大人で、足元の身だしなみは大事。

人間は中身が大事だけど

ちょっとしたところに、中身が滲み出てくるものです。

どう見ても汚いのは、残念だわさ。

さて、明治神宮は最高に気持ち良かった!!

沢山の緑に囲まれて、心地よい空気の冷たさが

気持ちを凛とさせてくれる。

気分爽快。

リフレッシュ。

ちょっと止まっていた、体のエネルギーが

また新しく動き出した感じ。


あ~、また行きたい。

また行こうっと。

お天気のいい日を狙ってねsun

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 17, 2011

おかげさまで・・・・・・かん(丸山優子)

腰の調子もほぼ良い感じで。

でも、座りっぱなしとか立ちっぱなしとか

”っぱなし”が辛いんですね。

だから、ウチでは

ヤンキー座りしてることが

多々あります。


ヤンキーでお茶を飲む。

ヤンキーで歯を磨く。

ヤンキーでテレビを見る。


タバコ吸ったり、ビニールの物吸ったりしてないところが

私です。

がしかし基本的に、お店番している時は私

ジャージなんですね。

だから、遅咲きのヤンキーに見えなくもない。

遅咲きのヤンキーは

わざわざイスに座っているのに

イスの上でヤンキーだったりもします。

あとは、片足だけイスに乗せて

波止場のニヒルな渡り鳥みたいなのとか。


そうかと思えば、座布団に膝立ちってのもやるんです。

胸の前で手を合わせれば

それは”お祈りのポーズ”

パソコンで長い資料を読んでいる時などに

時々やっております。


あとは、うつ伏せで頬杖をつく

”ハイジ”のポーズ。

腰に手を当て仁王立ち。


色んな私がおりますね。


さて、全く関係ないですが昨日は久々の女子会。

1人を除いては、皆、独身。

これがイケナイんですよね~。

でも楽しいlovely

やめられまへんlovely

昨日も、

最近会った、しょうもない男の話とか

同窓会でモテモテだった話とか

お仕事の話とか

あと、遅刻についてとか・・・・・

ネタは尽きない。


内容をブログに書けないのが残念ですが

たぶん、女子会やってる人なら

皆、通ってる道でしょうねheart01


また次回までに、ネタを集めておかねば・・・・・・・pouch

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2011

またやっちゃった・・・・・・かん(丸山優子)

私ね ”プチギックリ腰” の常連なんですsweat02

またやっちゃったsweat01

お風呂上がりに、足元を拭こうと前かがみになったとたん

キュン、と腰が抜けたような感覚。

「あ・・・・これはもしや・・・」

と思ったら、案の定、次の日から腰が痛い。


私が初めて”プチギックリ”を経験した時も

こんな感覚だった。

ダンスの稽古中に、いつもより大きく前かがみに体を振ったら

今までに感じたことのない

腰の抜けるような感覚。

あれは20代だった・・・・・・・

で、何しろ腰が痛いんだけど、祭日でさ。

ダメもとで、近所の整体院へ行ってみると

やってたlovely

そこで、電気とマッサージで腰以外の筋肉を

和らげてもらった。

奥深くの筋肉をかなり強めに揉むもんだから

ま~痛いったらありやしない!!

本当にハンパなく痛いのよ!

が、しかし悲鳴もあげず、フーフー言いながら耐えていると

「丸山さん、痛みに強いですね。」

と言われた。

嬉しいやら悲しいやら

ん~、確かに強いかも。

それか、弱いところを見せるのが嫌なんでしょうね・・・・・・


このたくましさ

このたくましさ


まさか男子を寄せ付けない要因に

なっているのか~?


でもね皆さん、これは、実はたくましいんじゃないんですよ。

むしろ、私は弱いんです。

だから、弱い所を見せないように

頑張ってしまうんですよ。

そこをわかって下さる男子

募集中です!!


あ~、痛い痛い。

まるちゃん腰痛いよ~weep


| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 11, 2011

きんの、全力疾走!

10月だわぁ…

また月が変わっちゃった…

相変わらず、
筆無精ならぬ、ブログ無精ですみませんbearing

iphoneに変えてから、
ますますパソコンに触れなくなってます。
(パソコンでブログを書く派なので)

凄いのねっ、スマホって!
小さなパソコンだよっ!pc

S.ジョブズ氏に改めて敬意を…


さて、全く関係ない話を。

もうご存知かと思いますが、
11月。
皆さんにお会いできることになりましたsign01

いつもとまったく違う形態で、
まさに「番外」ですが、
番外ならでは!な楽しさを、盛り沢山にして、
お届けしたいと思います。

どうぞ、お楽しみにsign03


もひとつ、全く関係ない話を。

先日、何十年かぶりに、やりました。

全力疾走runrunrun


わたくし、中学時代、陸上部で100mをやっていたのですが、
とある企画で、それをコーチして欲しいと言われ、
恐る恐る、やってきましたshock

ほんとに、恐る恐るですshockshock

だって、よく見かけるじゃないですか。
運動会で転ぶ、お父さん。

絶対、ああなる。

特に、膝を怪我してからは、
怖くて全くダッシュをしなくなったので、

確実に、ああなる。

しかしそれは、スプリンターとしてのプライドが許しません。
だから、下準備を始めました。

1週間前から、
1時間ほどウォーキング。

…始めるのも遅けりゃ、走りもしない。

やる気があるのやら、ないのやら。

しかし、走りこんで膝を痛めたら、本末転倒。
これでいいんですっ。

そして、もっとも大切なこと。
中学の頃にやっていた練習メニューを思い出す。

が、なかなか思い出せない。
なにせ、30年近く前のこと。
ほら、計算してびっくりしちゃうわよっ!
30年って…えらい昔ね…

でも、なるべく再現しようと、ネットで調べてみると、
意外にも、練習内容が、今もそんなに変わってないことにビックリ。
思い出されてくる、練習メニューの数々。

あの時やっていたことが、今でも通用するんだと、
なんだか嬉しく、誇らしく思えました。

そして、レクチャー当日。

ジョッグ、腿上げ走、インターバル走、流し、ダッシュ練、
クラウチングスタート、ストライド、腕振り…

中学以来、言ってなかった言葉の数々が、
なんと愛おしく感じること!
気持ちも少しずつ若返り、
意外にも、アンチエイジング!

そして最後に、約50Mを本気でダッシュdash
(さすがに100Mは危険と判断。)

人間とは凄いもので、
走り出したら、モードが切り替わり、
形状記憶のように、
体がそのフォームで走ってくれる。
完全に忘れてた、中学の頃の感覚が、
ふわ~っと蘇ってくるんです。

その感覚の中で、
久々に聞いた、ザッザッという、自分の走る足音。
そうそう。
この足音は、練習の音。
この音と、3年間、常に向き合ってたなあ。

数秒後、無事に、ゴール。
転ばず、肉も離れず、腱も切れず、膝も健在!

とにかく、気持ちよかった。
そして、まだ全力で走れることが、
ものすごく、嬉しかった!

夕方、練習を終えて、家への帰り道。

部活をやっていたあの頃みたい…confidentshine

と、ノスタルジックになりかけると、
太ももに早くも筋肉痛…

がんばれ!42歳!
すぐ筋肉痛になるだけ、大したもんだ!

| | Comments (0)

October 08, 2011

ファイナルツアー・・・・・かん(丸山優子)

舞台では何度も、この方々のパロディーをやっているのに

本物を見たことがなかった。

いつか、本物を見ておきたいなぁ~。

と思っていたら、なんと今、ファイナルツアーをやっているではないか!

ファイナルツアー?

ってことは、これで終わるってこと?

あ~、余計、行っとかなきゃ!!


ということで、先日

”由紀さおり・安田祥子コンサート

ファイナルツアー ~ありがとう25年~”

に行って参りました。


私の場合、”由紀さわり

なんですけどね。

何しろ、今まで由紀さんのイメージだけで芝居してましたから

本物は、こんな、とぼけた感じじゃないだろう・・・・・・・

と思っていたら


とぼけてました。


ステージが始まってまずは2曲。

そして、ご挨拶。

「どーも、由紀さおりです。」(ゆっくりと高い声で)

すると、なんだか客席から笑いがチラホラ起きるんですね。

ご本人は至って真面目でしょうが

なんだか、笑いを誘う雰囲気。


それから、この25年の歴史を少しずつ振り返っていきました。


由紀さん 「今回でファイナルですけれども

ほら、よく商店街でも”店じまい”って言っておきながら

シレーっとまた始めることあるでしょ?

あんな感じで、またツアーをやるかもしれません。」

客席の私達と一緒に唄うコーナーでは

お姉さんの祥子さんが

「今日のお客さんは凄くいいわね~!」

と誉めると、すかさず由紀さんが

「お姉さんが ”凄くいいわね~!”って言う時は

たいてい皆さんの声が出てない時なんです。

だから、もっと頑張って声出して。」

と、叱る。

”幸せなら手をたたこう”

を、客席と一緒に唄っている時、

♪幸せなら手をつなごう♪

という歌詞が出てきて、横の人と手をつないでいると

由紀さん「手つなぐの久しぶりでしょ?」

と、ニヤニヤしながら中年夫婦に聞いたり。


この25年間に、祥子さんが体調不良でお休みとなり

由紀さんだけで、コンサートをやったこともあったそうで

由紀さん「その時も、ギャラはちゃんと2人分頂きました。」

と、シレーと言ってみたり。


アンコールでお客さんから、三つ花束を頂いて

由紀さん「お姉さん、嬉しいわね。綺麗なお花。

他にはないですか?」

と、軽く催促する。


由紀さん、絶妙すぎる。

最後まで笑いっぱなし。

そして、歌は・・・・と言えば

素晴らしかった!!

お二人の息がピッタリ合って

伸びやかで艶々した美しい声が

本当に本当に気持ち良かった!!

衣裳も、立ち振る舞いも

美しくて、目が釘付け。

「トルコ行進曲」はもう、とんでもなく絶品でした!!


あ~、終わって欲しくない・・・・・

と思うほど

二時間半のステージが

あっという間。


本物、見てよかった。

あれこそが本物だ。

帰りのお客さんの顔が全員笑顔で

なんだか皆、ウキウキしてて

私ももちろんウキウキしてて。

こんな楽しい気持ちにさせて下さった

お二人に本当に感謝です。


由紀さん、凄いな・・・・・・・


| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 04, 2011

生きる・・・・・・・かん(丸山優子)

先日は待ちに待った

小田和正さんのライブに行って来ました。

あの張りのある歌声と、

ドームを走りまわる小田さんを

目の前で感じたくて。


開演時間になると、

小田さんは白いシャツを

後ろにヒラヒラさせて

走ってステージに出てきました。

この小田さんの爽やかさが、たまらなく好き。


「あ~、素敵だなぁ。」


と、しみじみ思う。


伸び伸びとした声が響き渡ると

今日あった出来事を

優しく包み込んでくれるような気さえしてくる・・・・・・・


この日の朝、私は、同級生の旅立ちを見送ってきました。

中学、高校と6年間を共にした同級生。

卒業以来会うこともなく、24年の月日が流れてしまったけれど

彼女の笑顔はすぐに思い出せるほど

とても可愛い、お茶目な子でした。


彼女との最後の対面をしに斎場へ行くと

生前の写真が沢山飾られていました。

42年間の彼女の輝いた日々。

「そうそう、この笑顔、この笑顔。」

私の記憶に1ミリのズレもないほど

トレードマークのような笑顔が

そこにはいくつもありました。


でも、思い出すのはその笑顔ばかり。

24年間の会っていない日々は長すぎる。

24年の間に、彼女がどんな時間を過ごして

泣いて笑って喜んできたのかは

まるで知らない・・・・・・


私は彼女に

「お疲れさま。

また後で会おうね。」

とだけ言いました。


ドームに響き渡る声を聴きながら

今日の友達との別れが少しづつ頭をよぎる。

彼女が人生のゴールを迎えたこと。

どんなに頑張っていたことか。

会ってないんだから、わからなくて当然だけど


私はここで、楽しい思いをしてていいのかな・・・・


でも、いいんです。

小田さんは、生きることにも、恋にも前向きな曲を

沢山唄ってくれました。

私の代わりに、彼女に向かって唄ってくれているような

そんな歌もありました。

それが、私と彼女の間を埋めてくれたような気がします。


友達との別れがあり、

ワクワクするようなライブがあり、

それでいいじゃないか。

それが生きるってこと。

小田さんの声が、私と彼女の肩を同時にポンポン、と叩いてくれた気がしました。


相反することから、生きるということを

感じた一日。

いや、相反する事じゃないような気もする。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »