« 生きる・・・・・・・かん(丸山優子) | Main | きんの、全力疾走! »

October 08, 2011

ファイナルツアー・・・・・かん(丸山優子)

舞台では何度も、この方々のパロディーをやっているのに

本物を見たことがなかった。

いつか、本物を見ておきたいなぁ~。

と思っていたら、なんと今、ファイナルツアーをやっているではないか!

ファイナルツアー?

ってことは、これで終わるってこと?

あ~、余計、行っとかなきゃ!!


ということで、先日

”由紀さおり・安田祥子コンサート

ファイナルツアー ~ありがとう25年~”

に行って参りました。


私の場合、”由紀さわり

なんですけどね。

何しろ、今まで由紀さんのイメージだけで芝居してましたから

本物は、こんな、とぼけた感じじゃないだろう・・・・・・・

と思っていたら


とぼけてました。


ステージが始まってまずは2曲。

そして、ご挨拶。

「どーも、由紀さおりです。」(ゆっくりと高い声で)

すると、なんだか客席から笑いがチラホラ起きるんですね。

ご本人は至って真面目でしょうが

なんだか、笑いを誘う雰囲気。


それから、この25年の歴史を少しずつ振り返っていきました。


由紀さん 「今回でファイナルですけれども

ほら、よく商店街でも”店じまい”って言っておきながら

シレーっとまた始めることあるでしょ?

あんな感じで、またツアーをやるかもしれません。」

客席の私達と一緒に唄うコーナーでは

お姉さんの祥子さんが

「今日のお客さんは凄くいいわね~!」

と誉めると、すかさず由紀さんが

「お姉さんが ”凄くいいわね~!”って言う時は

たいてい皆さんの声が出てない時なんです。

だから、もっと頑張って声出して。」

と、叱る。

”幸せなら手をたたこう”

を、客席と一緒に唄っている時、

♪幸せなら手をつなごう♪

という歌詞が出てきて、横の人と手をつないでいると

由紀さん「手つなぐの久しぶりでしょ?」

と、ニヤニヤしながら中年夫婦に聞いたり。


この25年間に、祥子さんが体調不良でお休みとなり

由紀さんだけで、コンサートをやったこともあったそうで

由紀さん「その時も、ギャラはちゃんと2人分頂きました。」

と、シレーと言ってみたり。


アンコールでお客さんから、三つ花束を頂いて

由紀さん「お姉さん、嬉しいわね。綺麗なお花。

他にはないですか?」

と、軽く催促する。


由紀さん、絶妙すぎる。

最後まで笑いっぱなし。

そして、歌は・・・・と言えば

素晴らしかった!!

お二人の息がピッタリ合って

伸びやかで艶々した美しい声が

本当に本当に気持ち良かった!!

衣裳も、立ち振る舞いも

美しくて、目が釘付け。

「トルコ行進曲」はもう、とんでもなく絶品でした!!


あ~、終わって欲しくない・・・・・

と思うほど

二時間半のステージが

あっという間。


本物、見てよかった。

あれこそが本物だ。

帰りのお客さんの顔が全員笑顔で

なんだか皆、ウキウキしてて

私ももちろんウキウキしてて。

こんな楽しい気持ちにさせて下さった

お二人に本当に感謝です。


由紀さん、凄いな・・・・・・・


|

« 生きる・・・・・・・かん(丸山優子) | Main | きんの、全力疾走! »

Comments

あかねさん、そんな技を見たんですか~?

いいなぁ~!

まだまだいっぱい技を持ってますね、きっと。

あ~、また見たいlovely

さわりつわりもまた、やりたくなりましたheart04

Posted by: かん。 | October 13, 2011 at 11:09 AM

私もお二人のコンサートに
行ったことあります!
地元のホールだったんですが、
お客さんが曲を
リクエストできる時間
があって、星に願いを
をリクエストしたんですが、
途中で歌が止まって、
「あれ?」と思ったら、
「あとはアルバムで聞いてくださいね~」
と言われました(笑)

絶妙です(笑)

さわり・つわりさんも
好きですよ(笑)

Posted by: あかね | October 12, 2011 at 01:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43112/52937229

Listed below are links to weblogs that reference ファイナルツアー・・・・・かん(丸山優子):

« 生きる・・・・・・・かん(丸山優子) | Main | きんの、全力疾走! »