« July 2014 | Main | November 2014 »

September 28, 2014

相変わらず物騒です・・・・・・かん(丸山優子)

まあ、商売には物騒な事は付き物ですが・・・・・・

先日、お店を久しぶりに開けていたら

近所のお兄さんが

「ちょっと!万引きしようとしてるよ!!」と

声を掛けて下さいました。

様子を聞いてみると、表のウインドウから手を伸ばして

中のタバコか、お金を取ろうとしていたそうな。

「君、取ったの?」

「取ってないよ。」

「じゃあ、そのお金は?」

「これは僕のです。」

「ホントか~?じゃあ、何してたの?」

「いや・・・・ちょっと・・・・・・」

「何してたんだよ、」

「ちょっと・・・・・・・・」

「はい、君、名前は?住所は?学校どこ?

お兄さん、もうちょっと時間大丈夫ですか?

一緒にいてもらっていいですか?」

「はい、大丈夫です。」

「すいません。じゃあ警察呼びましょうかね。」

ついでに、お家に電話を掛けて

お父さんも呼んだ。

待っている間は、もちろん説教だ。

どうやら、何も取ってはいない。

話しを聞いてみると、自分が欲しかったわけではなく

怖い先輩に、タバコを取って来いと命令されたらしい。

断れば、殴られるそうだ。

この子は、自分の身元に嘘をつかず、正直に全部書いた。

先輩の名前まで白状している。

私も何回か取調べをしているので、分かるのだが

本当に悪い奴は、身元をはっきり明かさない。

「分からない。」とシラをきるか

デタラメを書く。

そういう意味では、彼もある意味被害者なのである。

でも、だからと言って、やってはいけない。

万引きする勇気ではなく

断る勇気を持たなければならないのだ。


ほどなくして、お父さんがやって来た。

お父さんはうろたえるばかりであった。

そして、警察の方が5名。

こんな小さな、しかも未遂の万引きだが

しっかり調書は取るのだ。

小さなことが大きな事件に繋がるからと

私も以前、教えて頂いた。

彼は現場で証拠写真を撮られ

パトカーで連れられて行った。

目撃して、私を呼んで下さったお兄さんも

後日、警察に出向いて調書を取られるのだそうだ。


子供達を注意したり、叱ったり、とっ捕まえてくれる大人は

いつの時代も大事だ。

最近では近所付き合いも希薄になって

逆ギレなんてことも考えられるとなると

なかなかそういう場面にも、大人にも出くわさない。

大人だって、実のところ勇気がいるのだ。

私だって、いつもドキドキしている。

ドキドキしながら、子供を叱って、警察に電話するのだ。

きっと、お兄さんも、見過ごしてしまおうかと

迷われたかもしれない。

でも、そこを、ピシャリと叱って、留まらせて下さったことに

本当に感謝しています。

そして、この町内の大人はまだまだイケると思った瞬間でした。


今度の本公演「Mr.カミナリ」は

そんな”カミナリ”を落とす大人達のお話です。

少し、懐かしい気持ちになるかもしれません。


劇団スーパー・エキセントリック・シアター本公演 

「Mr.カミナリ」

10月25日~11月9日

池袋・サンシャイン劇場


明日は歌のレッスンですnote

今回は意外な人が唄ったりなんかして~shine

だから・・・・・・明日は先生から特訓を受けるそうなdash

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2014

高尾山・・・・かん(丸山優子)

先日、友達と高尾山に登ってきました。


なんたって私は三宅裕司率いる”山岳部”の部員です。

今まで行った山はほとんど、車で登って

程良いところで車酔いしています。

まあ、せいぜい登って、山梨県の四尾連湖(しびれこ)の山。

あとは、湿地帯とか川べり・・・・・・・・

ちょっと前に、ちょっとだけ山登りらしい山登りに行きましたが

三宅隊長は宿に着いて早々に

「帰りはタクシー呼んで下さい!!」と

フロントに即効お願いして

帰りは楽々と帰って来ました。

そんな山岳部の私が

今回、高尾山に誘われて、やっと登山靴を買いました。

「丸さん、今まで普通のスニーカーで登ってたの?」と

友達に聞かれ

「そうね、意外に登れてた。」

そりゃそうだ。

「まあ、丸さんぐらい体力があれば、スニーカーでも登れそうだよね。」

それもそうだ。


さて、高尾山fuji

我々はケーブルカーには乗らず、最初から歩くことに決めていました。

私も、8月にタイツで養った体力がまだ残っているから大丈夫だろうと

少々調子に乗ってスタートしてみたところ

なんと、入り口からいきなり辛かったsweat02sweat02sweat01

道はコンクリートで舗装されて歩きやすいのだが

傾斜がなかなかで、しかも人が多いから後ろから

あおられて、自分のペースで歩けない。

後の大学生ぐらいの若者がぺちゃくちゃ喋りながら

どんどん歩いてくる。

「いや~キツイな~!」って

言ってるわりにはペースを落とさない。

私はね、ためしてガッテンで見たのよ。

山登りのコツとやらを。

それはね、だらだらと、小股で登るんですってよ。

そうすると、心拍数も上がらず、足にも負担がかかりにくいんだと。

山頂までの所要時間は1時間30分。

「うわ~、このまま1時間30分、もつかな~sweat02」と

内心心配しながら登っていると

途中から、ちゃんとしたなだらかな山道になりました。

「これだこれだ、これこそが山登りさshine

緑の中を森林浴しながら歩く。

お年寄りやワンちゃんまで登っている。

そして、山頂に到着fuji

山頂は景色よりも何よりも、

人人人でごった返しているのが目に映る。

「うわ~sweat02高尾山て本当に人気スポットね~!」

お昼を食べる場所を探して、おにぎりをパクリriceball

一生懸命歩いた後のおにぎりは本当に美味しい!!

何ものにも代えられない最高のご馳走riceball

ペロリとたいらげました。

そして、下山。

あ・・・・・景色、見るの忘れてた。

途中の休憩地点でスカイツリーやら東京タワーを見たなぁ~。

帰りは来た道ではなく

ちょろちょろと水が流れる川べり(この為に登山靴を買ったんですね~。)

細い山道、木の階段など

帰りもなかなかのハードな道でした。

しかし、やっぱり後ろから、あおられる・・・・・・

おじさん軍団が追い越したそうだったので

譲ってあげると、私の前で早速、尻もちをついておられました。

「ほら・・・・だからね。」

細い道では「こんにちは。」と挨拶しながら

譲り合う。

こんな自然なルールが気持ちいい。

無事に下山して、次は天然温泉へspa

送迎バスも満員でござんしたbus

フロントも大行列。

そんな中、私の番が来たところで

パソコンが故障するというハプニング発生shock

忙しい時に限ってこういうことは起きちゃうもんなのよね・・・・・

店員さんがワタワタしている。

「あ~、可哀想だな・・・・・・・

私もバイトでこんなことあったなぁ。

レジが直らないのに、お客はどんどん増えていくんだよな・・・・」

そんな中、ベテラン風のお姉さんがやってきて

パキパキと直してくれた。

「これで、大丈夫だと思う!」

私も一緒になってパソコンを覗き込む

本当だ~!直った~!!姉さんスゲー!!

私は心の中で拍手した。

温泉と水風呂で疲れをとり

最後は打ち上げ。

今回は小学校の同級生3人での登山。

皆、よく頑張りました~fuji

こうやって、幼馴染みと登山に行けることが

もう最高ですshine

次は、もう少し静かな山にね・・・・・行きたいもんだねfuji


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2014

ご無沙汰すぎてすいません!!・・・かん

いや~、本当に、お待たせしてすいませんでしたsweat01

7月後半~8月いっぱいまで、タイツマンズ漬けになっておりました。

そして、やっとタイツマンズ北海道ツアーも終了!!

いらして下さった、北海道の皆様

温かい声援、ご静聴、おもてなしありがとうございましたheart04

一か月のストイックな稽古とは裏腹に

北海道へ行ったらなかなかののんびりスケジュールで

本番があることを忘れてしまいそうなツアーでしたcatface

まずは、士別市に行きその日は、宿舎の大浴場に入って

夜は大広間で飲み会。

昔昔、野添さんがヒーローショーをやっていた頃の話が

たまらなく面白くて・・・・・・・

「野添さん、本書けばいいのになぁ~。」

と思うぐらい、武勇伝をお持ちですshine

2日目は朝食後に散歩をして、午後からリハーサル室で

通し稽古。そして夜に搬入&仕込み

こちらではこの時期、大きな蛾が大量発生していて

劇場の中に入り込まないように

赤い照明を点けてのムーディーな搬入でしたflair

3日目は本番&バラシ&ジンギスカンで交流会。

夜の11時から、士別のスタッフの方々とジンギスカン鍋を囲んで

ワイワイと。最高に美味しかった~happy02

こちらの方は、なんと、お肉を生でも食べるらしい!!

そして、閉めに”うどん”を入れて食べるんですね~。

さすが、本場の食べ方!

舞台装置を作る倉庫での宴会だったので

さすがに寒く、最終的にはストーブを焚き始めました。

8月にストーブって・・・・・・・


4日目は朝7時に集合して北海道名物

”パークゴルフ”大会を開催。

パターではなく、もう少しゴルフクラブに近いもので

コースは短く、でも、芝生。

これがね、最高に楽しかったlovelyshine

もっと、この存在を早く知ってたら毎日やったのに~!

と、後悔しまくり。

チーム対抗で、野添&山口チーム

港&白土チーム

栗原&荻野チーム

堀田&丸山チーム

そして、優勝は野添&山口チームでしたcrown

しかしね、私はモノ申したい。

山口さんのフォームは酷過ぎる!!

まるで農作業のおばちゃんみたいなフォーム。

でも、それなりのコントロール。

あれは、有りなのか?

打てれば、どんな打ち方をしてもいいのか?

フォームに規則はないのでしょうか?

そこが腑に落ちないわ・・・・・・・・・・

そんなことを思いながら士別を後にして

札幌に移動。

夜、搬入&仕込み

5日目は場当たり&本番

その後、”鴇の家”というお店の塩ラーメンを食べに行きました。

6日目は本番2回

その後、演劇鑑賞会の会員の方々との交流会。

皆さんが5年かけて、タイツマンズを札幌に呼んで下さったのです!!

感謝感謝cryingheart04

それに尽きます。

遠い街で待っていて下さるお客様がこんなにいるんだ

ということを、舞台に立ちながら、

交流会で会員の皆様と

話しながらひしひしと感じましたconfident

本当に有難いことですheart04

会員の皆様、本当にこの度は

ありがとうございました!!

またお会いできる日を心より楽しみにしておりますlovely

7日目は札幌にてワークショップ。

演劇鑑賞会の会員の皆様や専門学校生に

歌とアクションを教えてきました。

初めて体験する人ばかりで

皆、夢中になって取り組む姿に

むしろ、私の方が、刺激を受けました。

そして、私がお芝居を始めた頃のことを

思い出しました。

あの頃があって、今がある。

「あ~あ、私はやっぱり凡人だなぁ~。」と思ったり

「いやいや、意外とイケるかも!!」と思ったり。

年中、こんなことの繰り返しで生きております。

9月に入って、いよいよ本公演の準備。

その為のレッスンも明後日から開始です!

この秋もどうぞ、本公演をお楽しみにhappy02

お待ちしていますfuji

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2014 | Main | November 2014 »