« きんの、映画評 vol.18→『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 | Main | 幼なじみとの目標……かん »

March 11, 2015

きんの、また一年。

四年目の、今日が来ました。

被災された方々に、
改めて、心よりお見舞い申し上げます。

四年の年月を重ねて、

「まだ、ここまで。」
「なんとか、ここまで。」
「やっと、ここまで。」


被災者の方々のインタビューを観ると、
復興の度合いが、さまざまなのだという
印象を受けます。


これからまた時間が経ち、
来年の今日、抱く想いが、
今よりもすこしでも、
明るいものになりますように。

また一年。


お互いに、がんばりましょう!


|

« きんの、映画評 vol.18→『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 | Main | 幼なじみとの目標……かん »

Comments

あれから4年
今日職場でも、あの日あの時と
3月11日を振り返りました

一緒に阪神淡路大震災の話したら
知らない者もいました、

869年の地震と似てるそうですが、
このあたりの大きな地震は、
紀元前390年頃、430年頃、869年、1500年頃につづいての5回目の地震だそうです
次は数百年後、どうしたら後生に伝えていけるんでしょうね

地震の時聞いたお話では、
福島県の沿岸で、津波の浸水域の境目に
無傷で多く残っていたものがある。
神社。
神社の前で津波が止まった
津波がこないぎりぎりに、神社をたててくれたんですね
後生の僕らに伝えるために

僕らは何を未来に伝えていくことが
できるかなあ

Posted by: もぐ | March 11, 2015 at 09:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« きんの、映画評 vol.18→『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 | Main | 幼なじみとの目標……かん »