« きんの、映画評 vol.17→『エイプリルフールズ』 | Main | きんの、また一年。 »

March 10, 2015

きんの、映画評 vol.18→『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

今年のアカデミー賞の作品賞を獲った映画。

そりゃあ、期待が高まります。
なので、高まったまま観てしまいました。

かつて、「バードマン」という役で当たった俳優が、
落ち目になった今、ブロードウェイの舞台で再起を図ろうとするも、
不運と精神的ダメージを重ね、
やがて、現実と幻想の間をさまよっていく、ブラックコメディ。

始まって数分は、ストーリーを把握しようと、
集中してみているので、気付かなかったのですが、
ふと、

「あれ?これって、ワンカットで撮ってるんじゃない?」

と気づき、そこからは、ずっと、

「うわー!すごい長回ししてるー!」
「これはさぞや、撮影たいへんだっただろうなあ~」
「いつまで続くんだ・・・?」

と、気にかけていたら・・・


ずーっと、続いてるぢゃないのっ。


つまりは、そう見える撮影技法だった・・・。

かなり気を削がれてしまって、話に集中できず悔しかったなあー。


と思って、後で調べてみたら、

「冒頭部分は、台本15ページを1カットで撮影。」

やっぱ、撮ってるんじゃんっbearing

翻弄されまくり。

なので、これから観る方は、
そういうもんだと思って、
存分にお話しに集中して下さい。

となると・・・
やっぱり冒頭は見物です。
計算しつくされたキャストとスタッフワークに、
感動。尊敬。脱帽。

正直な感想を言えば、
これが作品賞とるのかー、というところ。
『ブラックスワン』のブラックコメディ版、という印象でした。


ただ、
久しぶりに、マイケル・キートンや、
エドワード・ノートンを観て、
その衰えないパワーは、実にかっこよかった。


というわけで、
始まったら止まらない、
舞台のような映画の世界を、
ご堪能あれー!

4月10日、公開です。

|

« きんの、映画評 vol.17→『エイプリルフールズ』 | Main | きんの、また一年。 »

Comments

バードマン
YouTubeでみようとしたら
何と、ホームページでみれました
1カットのような感じでながれていきます
渋いなあ〜
仕事帰りで、今
 これ観れる精神力なさそう
元気な時みよーっと!
(^。^)

Posted by: もぐ | March 10, 2015 at 09:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« きんの、映画評 vol.17→『エイプリルフールズ』 | Main | きんの、また一年。 »