« 見てみて下さ〜い!……かん(丸山優子) | Main | スタミナや「エキスポ」終了!……かん(丸山優子) »

August 31, 2016

お稽古していて思うこと……かん(丸山優子)

ただいま稽古しております、スタミナや “エキスポ”。

この舞台は、母親のお葬式の二日間に起こる出来事を

淡々と、面白く、しみじみと、少しホロリと綴っていきます。

稽古を見ていると、私は、よく母のことを思い出します。

舞台の設定は夏。

私の母が亡くなったのも夏でした。

お葬式の準備というものは、まるで他人事のように悲しさや寂しさに

浸ることなく淡々と進められていくのは、現実もお芝居も同じです。

我が家も全くその通りでした。

葬儀屋さん 「何人ぐらい参列者は来そうですかね?だいたいの数でいいのですが、わかりますか?」

そんなもん、わかるわけがない。

でも、お料理や飲み物の都合があるので、無理にでも何となくの数を出さなければならず

カタログを見て、棺桶や骨壷の種類を値段を見ながら決めたりして

とても現実的で事務的な作業が続きました。

山崎さん演じる、妻を先に亡くした父は、どこか達観していて

「人が死ぬのは当たり前。」と言い、

しかし、細かい準備や段取りなど何一つ決められず

息子夫婦や娘が葬儀屋さんと打ち合わせをして

父は、意外と普段と大して変わらない時間を過ごしているのは

ウチも全くその通りでした。

私は母を亡くしてから、本当に心が元気になるまでに三年はかかったような気がしています。

時が経ち、父にその事を話してみると

「早かれ遅かれ、人は必ず死ぬんだからさ。」と、あっけらかんと言うではありませんか。

ま、本当の本当の気持ちは、もしかしたらしまい込んでいるのかもしれませんがね。

私の演じる千代子という役は、皆さんの前で悲しみに暮れるシーンは

ありません。

皆さんの前ではね……

実際の私はどうだったかな……と思い返してみると……

母の亡骸と共に同じ部屋で一晩、布団を並べて過ごした夜

おいおい泣きました。

私が子供の頃、祖母が病院から亡骸となって帰ってきた姿を見て

母は堰を切ったように一瞬泣いたこともありました。

母が心を乱して泣く姿を初めて見て、ハッとした記憶があります。

「故人の人柄が偲ばれる、本当に良いお葬式でした。」という

セリフが最後の方に出てきます。

このセリフを意外な人が舞台では発します。

意外な人が言うからこそ

なんとも言えずしみじみするものがあります。

私の母の時も沢山の人に見送って頂き、思い出話に花を咲かせて頂きました。

どんな人の人生にも必ず花の咲く思い出があるものです。

死ぬことは、本人よりも、

実は周りの人間の方が強く “死” を感じるもので、

それを感じて受け止めてくれる家族や仲間がいれば

幸せなのではないかと思います。

考えても考えても、人の死とは、底がない。

この作品にも、限りはありません。

観ている中で、観た後で、沢山の思いが広がることでしょう。

それを味わっていただけたら、何よりです。

どうぞ、お楽しみに……


|

« 見てみて下さ〜い!……かん(丸山優子) | Main | スタミナや「エキスポ」終了!……かん(丸山優子) »

Comments

尾張さん、コメントありがとう
ございます。
そうでしたか……
皆さんそれぞれに、母を亡くした日の
記憶がありますよね。
何年経っても、ふとした時に
思い出すことで、お母様は喜んでおられるかと思います。
私の母も、この舞台を通して喜んでいるといいな……

Posted by: かん | September 09, 2016 at 11:25 PM

ブログを見ながら、涙がこぼれてきました~
私の母も弱音を吐かない、強い人でした!!
母が亡くなった時がSETの本公演の時、東京の公演に行けず、でもどうしても観たくて大阪に行きました。
楽しいはずの公演を見ながら、涙が溢れていました。9年たつ今でも思いだされます(´O`)

Posted by: 尾張のりえ | September 08, 2016 at 10:19 PM

ボウリング優勝者さん、コメント
ありがとうございます!
そうでしたか……
皆さんそれぞれに、あの日の忘れられない光景というものがありますね。
「エキスポ」は、お通夜でありながらも
滑稽なドラマが展開していきます。
泣ける涙か笑える涙か
どちらにしても、楽しんでいただけたらと思います。
お待ちしてますね。

Posted by: かん。 | September 02, 2016 at 08:18 PM

こんにちは。ボウリングの優勝者です^^
私の母は4年前に亡くなりました。
私は人前では泣くまいと思っていましたが、最後のお別れのときに我慢が出来ず涙が溢れ出てしまいました。
母が亡くなり一番記憶に残っているのは、斎場に行く前の夜、父が最後だから一緒に寝ようと言って隣で寝ていた事です。
5日に観に行かせてもらいますが、バスタオルが必要かもしれませんね(^-^;

Posted by: ボウリング優勝者です。 | September 01, 2016 at 04:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43112/64131168

Listed below are links to weblogs that reference お稽古していて思うこと……かん(丸山優子):

« 見てみて下さ〜い!……かん(丸山優子) | Main | スタミナや「エキスポ」終了!……かん(丸山優子) »