August 03, 2017

SET本公演のお知らせ!……きんかんより

SET第55回本公演 「カジノ・シティをぶっとばせ‼︎〜丁半コマ揃いました‼︎」

いよいよ8月5日(土)からチケット一般発売が始まりますfuji

今年のSETはカジノ法案を題材に、社会的なテーマがありながらも、歌、ダンス、アクション、笑い満載の娯楽作品を劇団員一丸となってお届けします。ご期待ください!

劇団スーパー・エキセントリック・シアター 第55回本公演 
ミュージカル・アクション・コメディー
「カジノ・シティをぶっとばせ‼ ~丁半コマ揃いました~」
脚本 吉高寿男/演出 三宅裕司
2017年10月13日(金)~10月29日(日)
★タイムテーブル
10/13(金)19:00●
10/14(土)13:00★
10/15(日)13:00★
10/16(月)休演日
10/17(火)14:00◇
10/18(水)14:00◇
10/19(木)14:00◇
10/20(金)19:00◇
10/21(土)13:00★/17:00★
10/22(日)13:00★
10/23(月)休演日
10/24(火)14:00◇
10/25(水)14:00◇/19:00◇
10/26(木)14:00◇
10/27(金)19:00◇
10/28(土)13:00★/17:00★
10/29(日)13:00★
※開場は開演の30分前です。未就学児のご入場はご遠慮いただきます。
会場:サンシャイン劇場
出演:三宅裕司 小倉久寛 劇団スーパー・エキセントリック・シアター
■チケット料金(全席指定・税込)
●初日ステージ S席 6,000円 A席 5,000円
◇平日ステージ S席 6,500円 A席 5,800円
★土日ステージ S席 7,000円 A席 6,500円
S/A子供券  3,000円(子供券の販売はチケットぴあのみ)
※子供券は小学1~6年生対象です。
※保護者同伴の場合のみ購入可能です。
===
取り扱いプレイガイド
◆一般発売:2017年8月5日(土)10:00~電話予約・WEB販売開始
☆プレイガイド情報☆
【チケットスペース】
03-3234-9999(オペレーター)
インターネット予約 http://ticketspace.jp/
【チケットぴあ】
≪8/5発売初日特電≫0570-02-9920(10:00~23:59)※Pコード不要
≪8/6以降≫0570-02-9999(Pコード:458-440)
インターネット予約 http://pia.jp/
【ローソンチケット】
≪8/5発売初日特電≫0570-084-632(10:00~23:59)※Lコード不要
≪8/6以降≫0570-000-407 (オペレーター対応 10:00~20:00)
インターネット予約 http://l-tike.com (Lコード:32180)
店舗販売:ローソン・ミニストップ店内Loppiで直接購入可
【イープラス】http://eplus.jp/
【サンシャイン劇場】窓口販売(14:00~18:00)
【チケットホン松竹】0570-000-489 (オペレーター10:00~18:00)
===
お問い合わせ:チケットスペース 03-3234-9999

お待ちしています!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2017

スタミナや「エキスポ」終了!……かん(丸山優子)

無事終了いたしました。

ご来場頂きました皆様、ありがとうございました。

このお芝居は、私が演じる “千代子” の母親の葬儀の二日間を描いた作品でした。

家族は、慌ただしく準備に追われながらも

母親が残していったものに、翻弄されます。

家族は6人なのに、5名で大阪万博旅行の予約をしていたこと。

葬儀の列席者に隠し子の予感。

だらしない父親に尽くしていた母の思い。

母が書いていた日記の中身。

どれもこれも、亡くなった母親にしか真実はわかりません。

残された家族は、母の気持ちになって想像を巡らせ

“きっとこうだったのだろう……” と仮定しながら二日間を過ごしていきます。

「お母さん、今頃、何を考えているだろうね……」

そんなセリフがあります。

自分の人生に満足していただろうか?

ちゃんと幸せを感じていただろうか?

悔いはないだろうか?

考えても考えてもキリがないけれど、ふとした瞬間に

死んだ親の気持ちを考える。

きっとどこの家族も皆、そうでしょうね。

答えが出ないからこそ、思いは巡り続けるのかもしれません。

悲しいのは、残された人々だけで、

本人は、もしかしたらな〜んにも思ってないかもしれないし

「やったー!俗世間の人生終わったー!もう縛られるものは何もない〜!」と

羽根を伸ばしているかもしれません。

そうだったらいいなぁと思います。

仕事も人生もそれなりにやりきって、喜びも悲しみもそれなりに

味わってきた親は、

“やったー!”

と言って人生のゴールテープを切って欲しいものです。

そして、“良かったね。” と言って見送ってやりたいものです。

「あーあ、死んじゃったね。」

家の中には、親を思い出す物が充満していて、

それが目に入る度に、そう自分に言い聞かせてみたりして。

別れは必ずやってくる。

残された者はただひたすらに前を向いて進むのです。

note涙尽きても、命尽きても、変わりのない夜終わりのない夜note

芝居の中で私が歌ったこの歌詞が、とても沁みました。

沁みすぎると歌えなくなるので、ほどほどにしておきました。

もう芝居も終わったので、好きなだけ沁みたいと思います。

さあ、次の舞台もまた、良いお話です!


是非また、ご来場下さいね!

お待ちしています!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 15, 2017

昨日、中野で声を掛けられ……かん(丸山優子)

皆様、日曜日まで中野ザ・ポケットにて

スタミナやプロデュース「エキスポ」公演中でございます!

で、昨日も劇場へ向かって歩いていると、後ろから女性に声を掛けられました。

「すいません、あなたは今、転換期に来ています。とても良い時期です。

そしてご先祖様を大事にされてますよね?守られていますよ。」と。

私 「え?そうなんですか?なんでそんなことがわかるんですか?」

「お顔に出ています。キラキラしていて、とても綺麗です。」

「えー、そうですか〜?」

私もそう言われると満更でもない気になってしまいもう少し話を聞いてみた。

「人生の転換期とは、そんなに何回もあるわけではないんです。そして、選ばれた方しか

そういうことは巡って来ないんです。この機会を逃してはいけません。

近いうちに一度お話をしたいので、いかがですか?」

「えーと、16日までは、芝居があるので……あ、ここの劇場ね。てか、良かったら観に来て下さいよ。

そうしたら、私の事もっとよくわかりますよ。」

話を聞きながら劇場まで歩いて宣伝してみた。

「そうなんですか、出られてるんですね。ただ、なるべく早い方が良いと思います。

18日はとても良い日なので、渋谷あたりでいかがですか?何時くらいがいいですか?

午後1時頃はいかがですか?」


「うーん、ちょっとまだわからないので、ご連絡します。」と名刺を頂いた。

すると、その女性が最後に「あの……良い運というのは、早い周期で変わります。

今日の事をあまり人に話したりせず、お一人の心に留めておいた方が良いかと思います。

良い運が逃げてしまいますので。では、連絡お待ちしています。」

そして女性は去って行った。

「え……怖い……この事は喋ったらいけないのか……

皆に喋ったら、私の運が逃げていくのか……

じゃあ……心に留めておかなきゃ……」

楽屋へ行くと三谷さんがいて、

「ねえねえ、さっき劇場の前で女の人と何、話してたの?」

「ちょっとちょっと、聞いて下さいよ!私、中野の駅前であの人に呼び止められて……

で、人に喋ったら、私の運が逃げちゃうんですって〜!

どうしよう〜!たいへーん!」

人に喋って逃げるような運なんか、いらねーわ!

なんだ、それ?騙されると思ったら大間違いじゃ!


皆さんも、優しそうな、到底嘘もつきそうにない女性に声をかけられたら

気を付けましょうね。

さ、「エキスポ」は、あと1ステージ!

頑張るぞ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 29, 2017

熱海五郎一座終了しました!……かん(丸山優子)

熱海五郎一座、ご来場頂きました皆様、ありがとうございました!

無事、一ヶ月公演、乗り切りましたfuji

一ヶ月、37ステージは、なかなかのものでした。

しかし、私はまだまだやっていたかった!

なぜなら、今回観に来て下さった方はおわかりですね?

そうです!

座長と私の幕間芝居があったからですshine

台本が既に鉄板の面白さ、それに加えて座長と私との一対一。

プレッシャーと喜びで、この上ない極上の舞台でしたshine

あーあ、終わっちゃったな……

次は、スタミナや「エキスポ」です。

私が熱海五郎一座のこの公演で演じたジジイは、何を隠そう

昨年の本公演で先輩方が演じた老人達がとても勉強になっていました。

何気なく舞台袖で見ていたことも、必ずどこかで役に立つ。

役に立つのです。

「エキスポ」もまた、何かを学べるはずです。

とても素敵な作品ですので、良かったら是非いらして下さい。

スタミナやプロデュース「エキスポ」
7月12日〜16日 中野ザ・ポケット

お待ちしています!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 01, 2017

6月2日熱海五郎一座いよいよ開幕!……かん

ど〜も〜皆さん、ご無沙汰しておりました〜。

ず〜っときんちゃんのブログに助けられておりましたね〜coldsweats02

稽古場でずっと一緒なので、言いたいことはほぼ一緒bleah

そんなこんなで、ババア達もなんとか振り付けとハモりを覚え

いざ!明日、6月2日より初日を迎えます。

藤原紀香さんをゲストに迎え、フルボディーミステリーを

お届けしますshine

もう……本当に……今回ほど、ゲストさんが同じ生き物とは

思えない実感を噛みしめたことはありません。

小倉さんが言ってました。

「犬に色々な犬種があるように人間にも、国は関係なく色々な種類があるよな……」

私をまじまじと見ながら私の目を見て言ってました。

確かにそうだ。異議なしだ。

稽古場で、稽古着で、もうすでにそれぐらいの違い。

昨日から劇場入りして衣裳やメイク付きでの舞台稽古は

もう、確実に目が釘付けですeyeheart04

さあ、皆さん、是非、目の保養、心の保養にいらして下さい!

そして何より、いつもの一座の皆さんに腹を抱えて笑って下さい。

ちなみに私は今回、全ての出番でカツラを被っております。

そして、夢の共演が……sign03

心よりお待ちしております。

熱海五郎一座「消えた目撃者と悩ましい遺産」

6月2日〜27日

新橋演舞場にて。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 03, 2017

「ゲゲゲの鬼太郎」無事終了!……かん(砂かけばばあ)

ミュージカル「ゲゲゲの鬼太郎」無事終了じゃ。

ご覧下さいました皆さま、どうもありがとうございました。

妖怪の闘いが終わり、平穏な日々が戻ってきたけれど

なんだか寂しいので、稽古前に参考資料として頂いていた

私の出演していない、2014年版のゲゲゲの鬼太郎公演DVDを観てとりあえず

消化……

今回は、お話の中で、一人の少女(ミズキ)が命短く死んでしまいます。

おばばの私が、主人公のまさお君にそれを告げると、

彼女に想いを寄せていたまさお君が

ぽつりぽつりと歌い始めるのです。

私はその歌が好きで好きで……本当なら最後まで歌を聴いて

とことん泣きたいところだけど、そうもいかず

さっさと気持ちを切り捨てて

衣装の早替えをしなければなりませんでした。

お芝居は、観ているお客さんの為にある。

いくら悲しい場面でも役者がお客さんより先に泣いてはいけないという

法則がある。

この舞台は、単なる妖怪話ではない、誰もが乗り越えなければならない

“別れ” を通して、人はまた大きくなることを語っています。

そして、死んだミズキちゃんは、無事極楽へ辿り着き

お釈迦様になって皆を見守るのです。

水木しげる先生も、子供の頃から、“人間は死んだらどうなるのか?”と

不思議に思っていました。

亡くなった人は、幸せにしているだろうか……

もっと色々と尽くしてあげられたんじゃないか……

返ってこない返事を待っている人も多いのではないでしょうか。

私もそうかもしれません。

でも、そんな気持ちをこの舞台でミズキちゃんが、

「大丈夫だよ〜。」

って安心させてくれたような気がしています。

そんなところも、この台本を書いたラサールさんの優しさなのかなと

思ったりもして……

そんな涙と笑いに包まれた舞台の終演後、

ロビーで砂かけばばあの衣装とメイクのまま、

お客様をお見送りしていると、少しお年を召されたお母様が

私の所にやって来て、マジマジと顔を見て

「あら〜!ノーメイクだったのね〜!」って

コラ‼︎


Image


Image_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2017

28日より、いよいよ開幕です!……かん(丸山優子)

ミュージカル「ゲゲゲの鬼太郎」が

いよいよ28日火曜日から、六本木・俳優座劇場で始まります!

ラサール石井さん作・演出、

劇団イッツフォーリーズの皆さん、

そして、水木しげる作品の絵にそっくりな築出静夫さん、

そしてのんびりした口調でいつもニタニタしているわりには

ガッツのある、元、アイドリングメンバー外岡えりかさん、

そして、私と同級生なのにやたら動いている縄田晋さん、

そして、初演から参加されているコメディエンヌ、

劇団ペテカンの四条久美子さん、

そして可愛い後輩の西海健二郎君。

楽しい舞台です!

どうぞ、是非是非いらして下さいshine

懐かしいゲゲゲの鬼太郎の世界を観に来て下さいeye

ちなみに、30日終演後はラサールさんと出演者全員でのトークショーを開催いたします。

裏話、暴露話など、舞台上では見せない所が楽しめますので、是非どうぞ!

お待ちしてますlovely


ミュージカル
「ゲゲゲの鬼太郎」
六本木・俳優座劇場
3月28(火)19時〜
29(水)14時〜 19時〜
30(木)✴︎ 11時〜 15時〜
31(金) ✴︎11時〜 15時〜
全席指定 ¥4000
✴︎の付いた11時〜の公演のみ¥3500

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2017

今月の22日に!……かん(丸山優子)

今月の22日、ミュージカル「ゲゲゲの鬼太郎」の宣伝番組に生出演します!

番組は、PC又はスマホでご覧下さいね。

「ユーストリーム フォーリーズ部屋」で検索を!

ゲゲゲの出演者達が総出演?!
コメントをくれれば直接出演者達と会話が出来る、楽しい新次元生配信!!
あっという間の一時間。
特別ゲストに脚本・演出の「ラサール石井」さんをお迎えして盛り上がります!!
お見逃しなくっ!!

【番組名】
第13回放送
3月22日(水)
19:00〜20:00
「フォーリーズ部屋」
番外編
《番組内容》
毎月放送している通常のレギュラー放送内容を変更し、特別番組として放送致します。
今月末に上演される
ミュージカル「ゲゲゲの鬼太郎」の出演者たちが総出演!!
さらに特別ゲストに
脚本・演出の
「ラサール石井」さんをお迎えしてゲゲゲの世界をお送り致します。

《特別ゲスト ラサール石井》

放送日
3月22日 19:00〜20:00
お見逃しなく‼︎

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2017

先日の出来事……かん

あるお店の店頭で、着物と帯のセットが、なんと1500円で売っていたので、

選んでいると、「他のも少し見ませんか〜?絶対似合いますよ〜!」

と言われあれよあれよという間に店の奥へ……

反物を作られた職人さんと店長さんに色々と見せられ

「これなんか良いんじゃないですか〜!せっかくだから体にあててみましょう。」

そして帯やら帯締めやら羽織りやら、一通りあてがわれ

「この柄を着こなせる人はなかなかいませんよ!」と職人さんに褒められ

「素敵‼︎ウチの広告塔になって欲しい!」と店長さんに言われ

若干浮かれ気分になりながらも

「いやいやいや、私、買えませんよ〜!」と言うと

「まあ、そうですよね、これはかなりお値段が張りますから……

お買いにならなくてもいいですが、一応お値段聞いておきますか?」

「そうですね、聞いてみようかな。」

店長さんが電卓たたいて見せてくれた金額……

230万円。

「ですよね〜。」

今一度確認しよう、

私は1500円の着物と帯セットを買いたいだけである。

「でもね、今日は、お客さんの為に少し勉強しちゃいます!

(電卓たたいて)これでどうですか?」

150万円。

「あははは〜。買えませ〜ん。」

「じゃあ、月々29800円で3年ローンでどうですか?」

ざっと計算するとだいたい100万ちょい。

「無理無理。」

すると今度は奥から店長より偉い人を呼んできて

「主任、主任、この方、こんなに着物が似合うのに、まだ着物デビュー

したことがないんですって!もったいないですよね〜!」と店長。

「えー、そうなんですか!私はねそういう着物デビューする人を応援したいんです!

よし、月々15000円で3年ローンはいかがですか?」

ざっと計算すると54万円くらい。

「いや〜無理です。私、貧乏ですから……」

「じゃあ、いくらなら出せますか?」

「うーん、月1万円くらいかな。」

「…………わかりました、私がなんとかします!それで良いです!」

「えー!良いんですか?マジでマジで?230万からの〜30万?マジでマジで?じゃあ買います!」

そして、ローンの手続きをし家に帰り今一度落ち着いて考え

「私がこの着物を来て行くとすれば……

春の園遊会に招かれるか、読売演劇賞で最優秀女優賞を獲った時だな。

しかしどちらも予定はない……

やーめよっと。

ってところで、朝になり目が覚めたのでありました。

なんとよくできたお話shine

恐ろしや恐ろしや……

現実の話なら、この後、クーリングオフですな……

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2017

ゲゲゲの鬼太郎、稽古中!……かん(丸山優子)

なんたって、今回、“ミュージカル・ゲゲゲの鬼太郎” ですからね。

セリフが歌になるパターンですよ。

そして、踊ります。

一緒に出演する西海さんは、何役もやるので、結構踊ります。

なので、まずは立ち稽古の前に振り付けを全て受けてから

芝居のお稽古。

西海さんと、ヒーヒー言いながら

毎日特訓しております。

そして、踊りの前には歌のレッスンもありました。

西海さんは、先生に褒められると、すぐ私の方を向いて

「やったー!」とニコニコします。

必ず、私を見ます。

何回かそれをやっていると歌の先生が

「どうして健ちゃんは、褒められると丸山さんを見るの?

丸山さんは、お母さんじゃないでしょ?」と鋭い指摘。

「そうだよ、見てんじゃねーよ!いちいち、こっち見なくていいんだよ!」

これが劇団員同士の甘えとでも言いましょうか……

ま、誰も同士がおらず、一人だったらそれはそれで

しっかりできる西海さんなので、

今回は、これもまた良しということで。

叱咤激励しながら、良い舞台にしたいと思います。

皆さん、良かったら、是非是非いらして下さいな。

Image


Image_2


お待ちしてます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧